2024年3月 1日 (金)

味噌を仕込みました。

すっかり年中行事になった味噌仕込み。今年の大豆5.4㎏のうち、我が家の畑で採れたのはたったの0.8㎏。後は買い集めました😢。昨夜から大豆を水に浸し、朝から茹で、借りてきたミンサーで擦り潰し、麹、塩と混ぜて、甕に詰めてと大忙しです。美味しい味噌に仕上がってくれますように

Photo_20240301125301

| | | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

馬酔木が咲きました。

「馬酔木が咲いてました」というお知らせを頂き、散歩コースの大乗寺丘陵公園を探すこと1週間。ようやく小さな花をつけているのを見つけました。賢治の『水仙月の四日』では「アンドロメダ、あぜみ(馬酔木)の花がもう咲くぞ、おまえのランプのアルコオル、しゅうしゅと噴かせ」と歌われる馬酔木です。紅白の梅や凧揚げをする親子でにぎやかな公園を歩いたら、なんだかうれしくなり、アルコホルランプの炎色反応を撮りなおしたり、すこしやる気になれた一日でした😊

1_20240219083901

3_20240219083901

4_20240219084001

Photo_20240219084101

2-frame-at-0m12s

雪が消えたら公園内はあっというまに赤白にぎやかになりました。

賢治も大好きで様々な作品に描かれる炎色反応です。左が(塩化)銅、右が(塩化)リチウム。「それから銅を灼くときは 孔雀石のやうな 明るい青い火をつくる」『学者アラムハラドの見た着物』。「ルビーよりも赤くすきとおり リチウムよりもうつくしく 酔ったやうになって その火は燃えてゐるのでした」『銀河鉄道の夜』
(ああきれいだ、まるでまっ赤かな花火のようだよ)それはリシウムの紅焔でしょう。ほんとうに光炎菩薩 太陽マジックの歌はそらにも地面にもちからいっぱい・・鳴っています」『イーハトーボ農学校の春』

 

| | | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

地震被害の後始末

地震であちこちガタがきた小松の実家。金づちを手に天井を打ち付けたり、布団に崩れた壁土をきれいにしたり・・。少しの作業で腰にきてしまい、今日は早々に切り上げました😢。めずらしく外食ランチでご苦労様😊

Photo_20240215230001 Photo_20240215230002 5_20240215230101

 

| | | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

フキノトウが見つかりました。

フキノトウを探しに出向いてみました。雪が残る里山の斜面ですが、ポツポツみつかってうれしくなりました。さっそくフキ味噌で頂きましたが、次は天ぷらにもしてみようかな😊

Photo_20240214124901

雪が残る中、もう開きかけのもありました。

Photo_20240214125001 

斜面を登るのはきつかったです。運動不足なのか、年なのか・・😢。

Photo_20240214125201

セリ⇒フキノトウ⇒センナ⇒コゴミ⇒ワラビ⇒カタハと楽しみが続きます😊

 

| | | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

貝殻化石を掘ってきました。

犀川の貝殻橋に貝殻化石を探しに行ってきました。きれいな貝化石が掘れてよかったです。ここでは砂金も採れます。賢治も発掘は大好きで、生徒さん達と楽しんでいたようですが『銀河鉄道の夜』にはジョバンニとカンパネルラがはくちょう座のプリオシン海岸でクルミの化石を掘る場面が出てきます。この砂金と化石は、『砂金と化石で考える私たちの命』というお話の中で活躍してもらう予定です😊

Photo_20240128174301

今日、掘り出した貝化石です。

A_20240128174301

今日の貝化石採掘地点。ここからは砂金も出てきます。

Photo_20240128174401

砂金と砂鉄を水入りボトルに入れてあります。磁石で砂金と砂鉄を選り分けて遊べます😊

1_20240128174501
『銀河鉄道の夜』はくちょう座プリオシン海岸の発掘のシーン。賢治が発掘を楽しんだ北上川のイギリス海岸と犀川の貝殻橋付近の大桑層はよく似ています。このスライドには白山が出ています。「砂金と化石で考える私たちの命」の中で、どんなふうに白山が出てくるのかはまたそのうちに😊

 

 

| | | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている

7年前のフェイスブックに水晶のこと書いていました。小林真理子さんから「指できしきしさせながら…石英の摩擦発光も知られていたのでしょうか。」とコメントを頂き、それに対して「それって賢治は書いてないような気がする・・」と答えているところを見ると、この頃は私はまだ摩擦発光や鳴き砂のことは知らなかったんですね。その後、摩擦発光と鳴き砂は講座から欠かせなくなり、今手元には大小取り交ぜて水晶が200個以上もあります。小林さん、ありがとうございました。鳴き砂は門前琴が浜から毎年3月にお借りていました。今は浜だけでなく一帯が大変な状況の様で心配です😢
Photo_20240123172401
水晶同士をこすりあわせると発光する。
   
以下当時の引用です。
『銀河鉄道の夜』の一文に
カムパネルラは、そのきれいな砂を一つまみ、掌にひろげ、指できしきしさせながら、夢のようにいっているのでした。
「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている」
というのがあります。友人の細川さんから譲り受けた巨大水晶柱にドリルで穴を穿け、ミニLEDライトを仕込んだら、このイメージができるんじゃあ?と考えてドリルをあてたところ、ドリルが負けてしまってまったく刃が立ちません。仕方なしに、水晶の後ろに、赤、青、緑のLEDを置いてみたら、これがなかなかきれい!次の賢治講座に持って行きたくなりました。でもこの水晶柱、5kgもあるし・・。トルネードやら水晶玉、ガラス玉、砲丸の玉・・どんどん重く、大がかりになっていくし・・。この先どうなるのかなぁ。
1_20240123172601
2_20240123172501 4_20240123172501 3_20240123172501 5_20240123172501

| | | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

かぶら寿司

仕込んであった最後のかぶら寿司を頂きました。1月3日あたりが食べ頃かな?と思っていたのですが、その後も熟成が進み、今日が一番美味しかったかもしれません。かぶら寿司が保存食であることを再認識しました。日本酒ととてもよく合いますが、能登は漁業も酒蔵も大きな被害を受けました。なんとか復旧して来年も美味しいかぶら寿司が頂けますように。

Photo_20240109190601

| | | コメント (0)

2024年1月 7日 (日)

インフルエンザ

お正月早々、地震に加えて妻がインフルエンザにかかってしまい、料理、洗濯、看病等々で大変でした。ようやく36度台まで熱が下がって一安心。これを乗りきれば、私には免疫効果になるのかな。避難所や車等の狭い空間での感染、とても心配です😢。

Sentaku

コロナが少し収まり、大みそかに集まった途端のインフル感染。10人集まって5人が発熱です😢。大変とはいえ、洗濯に水が使えることがありがたいのですね。

| | | コメント (0)

2024年1月 2日 (火)

地震の中のお正月

皆さん、あけましておめでとうございます。お正月早々地震で大変なことになりましたが、我が家は大丈夫です。小松の実家の方が少しだけ大変でした。明日また様子を見に行ってきます。それよりも能登の方の被害がとても心配です😢

1_20240102210401

実家の様子です。戸が外れたり、ものがひっくり返ったりガラスが割れたりしていましたが、その程度ですみました。(実は普段とあまり変わらないかも😊

2_20240102210401

10日前にこの棚の下あたりに酔っぱらって寝ていました。綱渡りですね。

| | | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

ハム、卵、チーズ等々、燻してみました。

 すっかり年末の恒例になったハム作り。熱乾2時間、燻蒸2時間。70℃で2時間湯せん。氷水で急冷と結構手間がかかります。温度管理が厳しく目が離せません。湯せんの間に、残り火でチーズ、卵、竹輪、鯖、鮭、タコなどを燻しました。

Photo_20231230165301

「土間のまん中ではほだが赤く燃えてゐました。日光の棒もそのけむりのために青く見え、またそのけむりはいろいろなかたちになってついついとその光の棒の中を通って行くのでした」

宮沢賢治が『ひかりの素足』で描く表現そのままに、煙から光の棒が伸びているような😊。

(QRコードで動画が視聴できます。)

1_20231230160901

上段のカップに入っているのは初挑戦のクリームチーズ。融けるだろうけど美味しく燻せるか楽しみ😊。下段には塩鮭、塩鯖。たこ等々。

415793068_2625892924216589_4447864060339

ハムは氷水で冷却中ですが、あとは完成!。カップに入れたクリームチーズは融けてなくってビックリ。しばらくなじませて味見は明日のお楽しみです。

 

| | | コメント (0)

«野セリでセリ鍋