« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

安房科学塾

これで何回目の参加になるのだろうか。今年も毎年12月28日~29日に千葉県館山市で開かれる安房科学塾に参加してきた。昼の2時から夕食をはさんで夜の2時過ぎまで議論や実験をやり、次の日は朝7時からもう実験講座が始まるというハードスケジュール(私は当日夜1時過ぎまで年賀状書きをし、2時間ほど寝て、ほぼ10時間の運転のあとの参加なので極めてハード)なのだが、誰に強制されているわけでもない楽しい会である。誰かが「刺激が強すぎる」といっておられたが、まさにその通りの発表が続く。私も科学部の4研究を持って行った。石本瑛理佳さんの金の析出の実験は12月23日の発表会のビデオを皆さんに見て頂いた。東京大学の鍵先生に「東大生より発表が上手」などと言って頂けた。それなりに刺激的だったのかな?科学部の活動と高校大学の連携等、我々の課題と共通する部分も多く考えさせられた。会を支えてこられた盛口先生が80才でいまだに渋谷幕張高校の科学部を指導しておられ、その研究が今年の日本学生科学賞の全国2位。今この会を準備して頂いている野曽原さんの安房高が全国の3位。賞を目指しているわけではないが、自分たちの実践の意味をしっかりとらえるためには、この場の議論は極めてハイレベルで有意義だなと思った。ところで、今年は12時過ぎに持ち寄りの酒がつきてしまった。二日酔いにならずに済んで、よかったのかも知れない。来年もこの会を有意義に迎えられるといいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

盛況だった科教協大会準備の学習会

26日。全国大会の事務局会議を開きました。会議だけでなく学習会もやろうということで、最近交流のあった金沢大学の並木さんに火山の実験紹介をお願いし、私も金赤ガラスの紹介をしました。火山の実験は、想像していたような、ばーっと噴火するようなものではなく、カルデラの形成をシンプルに示すものだったのですが、とてもわかりやすく印象的なものでした。詳しくは雑誌「理科教室」3月号かな?に執筆されるということで、そちらをご覧下さい。大阪の米沢さんから「大会頑張って下さい」ということで送って頂いた食塩の結晶も皆さんで分け、好評でした。初参加の方も含め10人の参加で、会議も有意義なものになりました。その後は「れのん」でこれも10人の参加で忘年会。「れのん」はこれくらいの人数で、色々頼むとびっくりするくらい安い値段で楽しむことができます。皆さん元気になったいい忘年会だったと思います。大会にむけて皆さんよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

12月26日科教協学習会

12月26日の水曜日、2時半から金沢高校にて科教協大会の実行委員会と学習会、6時半から東山の「れのん」で懇親会を行います。金沢大学の並木先生の火山の実験や金赤ガラスのマドラー作りなどもやる予定です。もちろん大会の話し合いも。どちらも10人以上の参加がすでに予定されています。みなさん、ぜひご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化学研究発表会が終了しました。

今年は4人それぞれの個人研究発表となった恒例の化学研究発表会。前日までの準備は大変の一言だったけど、その時点で成功を確信していた。発表の様子を見ていて、よくここまできたなぁと感慨にも浸っていた。みんな確実に成長したと思う。ちなみに4研究とは①松任敬之「牛のゲップから高分子分解生成ガスを考える」②石本瑛理佳「金の溶解液からの金の析出とその規則性」③高羽正寛「金属箔粉を用いたガラスのイオン着色」④清水祐司郎「コロイド着色で金赤ガラスをつくる」の4つ。どれも汗とアイデアの結晶で大学の先生方の講評もよいものだった。研究の過程で本当に色々な方々にお世話頂いた。<生徒を育てる人の輪とサイエンス>を実感した次第である。発表を見に来て手伝ってもくれた嶋崎君、柏谷君、伊田君、杉森君ありがとう。 写真と追加しました。添付します。「isimoto.jpg」をダウンロード Burugarasu Kinzyu Madora 「takaba.jpg」をダウンロード 「kinaka.JPG」をダウンロNensyougasu_2ード 「usigeppu.JPG」をダウンード 「syuugousyasin.JPG」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

腰痛の回復

なんと3週間も続き、「この先どうやってつきあっていけばいいのか?」などと情けないことを書いていた腰痛が回復した。1年生の運動部所属の生徒の多いクラスでの授業で腰痛の話をしたら、出るわ、出るわ。皆自分の行きつけの治療院を持っており、いっぱしの論を述べてくれる。その中で、よさそうな一つに行ってみた。Y療育院というその整体院へ行ったとたん、先生から「あー曲がっとる!椎間板ヘルニアやね。」との言葉。その後1時間ほどのマッサージとなった。電気や機械は一切使わず手のみの治療である。そして・・・。立っているのも辛かったのが、たったの一回で回復してしまったではないか!!。腰の痛いのも、足のしびれも、顔の赤みまでとれてしまった。生徒の多くが「しかちゃん?はかたがって歩いていたのが直ったね。姿勢がよくなった。」とか言ってくれた。疲れやすかったのが、夜8時まで学校で部活をやっても大丈夫になった。さて、いつまで持つのかな?これで8000円は安い!と思った出来事であった。みんな、ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

金赤ガラスが北國新聞に紹介されました

夏休み以降、1年生の清水君と取り組んできた金でルビー色に着色するガラスが完成し、北國新聞にその記事が掲載されました。とても大きな扱いでびっくりしました。掲載されてから思うのですが、これは清水君一人でやったというより、これまでの科学部の活動の財産の上に成り立っているもので、その辺にふれるべきだったと思います。BLOGを順を追ってみて頂ければわかって頂けるかと思います。簡単にまとめると、

昨年11月 岐阜、野中先生ご夫妻による高文連トンボ玉講習会

4月~ 新入生歓迎トンボ玉つくり

8月 東山トンボ玉店「じゃらじゃら」の三の上さんによるトンボ玉講習会部員全員で「じゃらじゃら」訪問 大屋満利子さんからアンティーク金赤ガラスに挑戦してみたら?というアドバイスを頂く。

9月 「魅惑のガラス」を参考に制作開始、即電気炉故障北國新聞から「砂金」を新聞紹介させてほしいという依頼があり、「砂金」よりも「金赤ガラス」のほうが面白いと伝える。

10月 横浜 杉山美次先生、 伊豆大島 土屋徹先生に指導、アドバイスを頂く。再加温が必要なこと。金赤は職人技で紫にしかならず、再現性が低いこと等を教わる。職人技なら職人に聞け!ということで大阪「佐竹ガラス」の佐竹社長よりアドバイス  を頂く。要点<鉛ガラスをを使うこと><鉛ガラスを細かい粒(カレット)にすること><金の濃度はガラス50Kgに対して70g程度であること><初期加熱は1400℃以上><再加温は800℃>。

   東急ハンズ池袋店、渋谷店等でるつぼに変わる素材探し。蒸発皿を使用。

11月 13日に初発色に成功。

   カレットの製法、テトラクロロ金酸の濃度、初期加温、再加温の温度、蒸発皿から金赤ガラスの分離方法、分離したガラスの加工方法で1つ1つ清水君を中心にデータを得ていく。発見の連続で楽しい日々が続く。

12月 佐竹ガラス社長、「じゃらじゃら」の三の上さんに成功と生成条件等を報告。12日、北國新聞取材。13日付 朝刊に大きく掲載。今後更にデータを詰め、23日の発表会に報告予定。

といった流れです。お世話になった皆さん。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。新聞記事は以下からどうぞ。

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20071213105.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

陣中見舞いの塩

12月26日に科教協大会の事務局会議を予定している。ところが、その案Photo_2内に対して、返事が返ってこない。私もそのような人種なので、文句を言えた義理ではないが、病気のこ ともあって少々元気をなくしていたら、大阪の米沢さんから、「科教協大会ご苦労様です。楽しみにしています。大会の話し合いの時にでも皆さんに配って下さい」ということで、きれいな塩の結晶をたくさん、送って頂いた。 34℃の定温乾燥器で3ヶ月くらい育てたものということで、透明感はいまいちということだが、どうしてどうして素晴らしいものである。こういうのはとってもうれしい。26日に参加して頂いた皆さんにお配りしようと思う。米沢さん、ありがとうございました。

 さて、金沢高校で開く事務局会議は、今後、学習会の要素を必ず入れた例会にしたいと思う。科教協のメリットはタブーみたいなものがなく、授業実践をかたりあえるところで、それをやらない手はない。ということで、26日は理科教室にまもなく火山の実験を執筆される金沢大学理学部の並木敦子先生に火山噴火のデモ実験をやっていただく予定である。昨日メールでお願いしたところ、早速快諾して頂けた。返事を頂けたときは、思わず「やった!!」と、出ない声をあげてしまった。並木先生よろしくお願いします。ということで、皆さん、26日、よろしくお願いします。夜の飲み会もぜひ参加してください。なにより返事をお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪!!!

先週の土曜日の夜から、風邪の為か、突然声がでなくなった。日曜一日休んでもいっこうに回復しない。木曜日、とうとう病院へ行って薬をもらった。インフルエンザではないものの、のどにつく風邪がはやっているらしい。今日金曜日で、まだ十分に声がでない。腰もよくなく、なにやら情けないBLOGばかり書いている。皆さんも気をつけて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »