« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月23日 (火)

この時期の体調

2学期がはじまって3週間。気温の低下が目立つようになってきた。それが原因なのか、なにか体に悪い花粉のようなものが飛散しているのか、毎年この時期になると体調が悪くなる。喘息がひどくなり、メプチンというステロイド剤吸入で発作が収まっていたものが、そういかなくなってしまう。頭痛もひどい。年中行事とはいえ、困ったものだ。とはいえこの1週間が山場で、これを越せば大丈夫になるのだが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

温泉と鉄細菌

科教協委員会の翌日、妻の姉夫婦と合流し、4人で万座温泉に出かけた。昨年ふらっと立ち寄っていい印象だったのと、そこをベースに山歩きが出来そうだったからである。野反湖、芳ケ平湿原、白根火山どれもとても好かった。りんどうがきれいだった。しかし硫化水素の臭いは強烈で、ここの温泉に入ると硫化水素臭が一日とれない。これで健康被害はないのか?と思うが、どうなのだろうか・・・。帰り道、湯田中温泉に立ち寄った。昨年訪れたとき、温泉湯出口に硫黄華?を採集するかごが下げてあり、この中に鉄細菌のコロニーとおぼしきものがたまっていたことを思い出したからである。2年生の授業で鉄を扱う際に、これから鉄を検出できたら面白いと思っていた。さて、いざ訪れてみると、昨年より量は少ないものの、それとおぼしきものが、たまっている。受付のおばさんに頼んで採取させてもらった。持ち帰り、ヘキサシアノ鉄酸カリウム(Ⅱ)を滴下した写真がこれ。白いコロニーの中に、青く着色された鉄(Ⅲ)の濃集が見られるのが面白い。授業と科学部両方で活用したい。Tetu1 Tetu2 Tetu3マンガンバクテリアもセットにすると面白いのではないかと思っている。 Tetu6 Tetu7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

黄金の国ジパング展

Jipang 科教協委員会に出席する前に上野の国立科学博物館で開かれている「黄金の国ジパング展」に足を運んだ。8月から開催されているのだから、そんなに込んでいないだろうと思っていたが、特別入場口があり、見学者が多いのにびっくりした。日本人(人間)は金が好きなのだなあと実感した。展示は、自然金の展示を興味深く見た。金のサイエンスの展示方法に関心があったのだが、「インゴットを手で持ってみる」「金蒸着の紫色の蒸気」等の他はめぼしいものがなかった。これならもっと楽しく意味のある展示ができるぞと思い、「金沢・金の科学館」設立への思いを強くした。金ニセ金パック、金属箔の周期表、金赤ガラス、金の様々な溶解方法と回収方法、これらすべての体験コーナーの設置、金赤七宝焼き、金沢の砂金の歴史と今、金と微生物、等々のサイエンス等、金を金属一般の中で、金沢という視点を入れて、<金沢ならではの、地域に根ざした体験型テーマミュージアム>を作りたい。<きっとできるぞ>とちょっと心が躍った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

科教協大会総括報告に東京へ

9月13日(土)科教協委員会に石川大会の総括報告に出かけた。大急ぎで、大会の概要をまとめ持っていったが、参加者数は有料で423人。実行委員を入れて503人となった。コンベンションの補助金がまだ確定していないので、最終決算ができないが、ひとまずまとめを終えてほっとした。委員会後は恒例の飲み会。8人ほどで楽しかった。大会がひとつづつ遠くへ去っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

スズメバチの巣、アオダイショウ?

これは我が家の庭の話。なんと木蓮の木にスズメバチとおぼしきものの巣が出来ているではないか!おまけにその木にアオダイショウまでがのんびりとたたずんでいる。スズメバチはとんでもないことに成りかねないので、巣を私が除去することになった。防虫ネットや捕虫網等を購入し、実験室から駆除用のクロロフォルムも借用して攻撃体勢?を整えた。11日の夜8時、スキージャンパーやら、オーバーコート、ヤッケ等ありとあらゆるものを着込み、ズボンも手袋も同様の重装備、脚立を用意して巣に近づいた。ところが、かなり乱暴に木を揺らしたり、巣を網で揺らしたりしているのに、迎撃の蜂が出てくる様子がない。巣もどこかに落ちて、行方不明になってしまった。結果からいえば、この巣は、場所が悪かったのかスズメバチが営巣を放棄してしまった空き家だったらしい。アオダイショウもどこかへいってしまったようである。一安心といえば一安心だが、もし巣の中に蜂がいたら、とんでもない乱暴な作戦で、あの程度の防備では、Suzumebati1 返り討ち?間違いなしだっただろう。しかし、我が家は蜂も巣を作らないような悪環境の家なのだろうか・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学園祭終了

科学部ガラス館も今年で何年目になるのだろうか?文化祭の出し物としてすっかり定着した感がある。部員達の手際も良く、準備、設定から、制作指導、後かたづけまで実に手際がよい。ビーズ玉入りマドラーは簡単で、具合がよい。トンボ玉も、専用バーナーや、トンボ玉の<じゃらじゃら>さんから、分けて頂いた、剥離剤の調子がよく、たくさんの生徒が完成することが出来た。すっかりはまってしまった生徒も出て、皆さん満足そうだった。さて科学部はいよいよ個人研究となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

新学期から1週間がすぎました

今年から3学期制に戻り、9月1日(月)が2学期始業式。そこから1週間は大変だった。授業は電気分解がスタート!6倍厚手の大面積白金箔を貼付した電極が威力を発揮した。しかし、それ以外の仕事(組合の執行委員会、集会、団体交渉等)が大きな負荷となっていて、BLOGの更新ができなかった。今週は学園祭WEEKとなるため、気持ちにもゆとりがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »