« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

センナと甘草、春の山菜

ここ数日、3月下旬というのに雪が舞ったりして、山菜散策に出かけられずにいたが、ようやくその機会がやってきた。センナと甘草、ふきのとうを少々収穫させて頂いたが、少々残った春の雪から顔を出す山菜はみずみずしさにあふれている。いよいよ山菜シーズン到来・・・・。Sennab Kanzoub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

芋掘り藤五郎の像と伏見川の甌穴

土曜日の午後、少し日差しも回復してきたので、近くにあるという芋掘り藤五郎の像なるものの見学に出向いた。像は伏見川の上流付近にあったが、伏見川そのものを良く知らなかった。大桑層と甌穴が見られ、野性的で、砂金も採取Tougoroubできそうであり、心が引かれる場所だった。金沢にも知らないところがたくHusimigawabさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

小野木裕さんの個展

妹からのお誘いで小野木裕さんの個展鑑賞に浅野川画廊に出向いた。委員長が終わったら終わったで、またまた小さいことで悩んで振り回されている自分がいたが、とても元気を頂くことが出来た。小野木さんの絵は輝くような明るさが特徴なのだが、絵だけでなく写真、陶芸もたくましくて素晴らしい。今回は昨年のアメリカ旅行と浅野川界隈を描いたものが中心であったが、アメリカでは14日Onogib間でインディアンの集落を中心に7000Km近くを車で走破された。(93才ですよ!)この間の刺激が素晴らしく、早く描きたくて描きたくてたまらなくなったとのこと。作品からも、お話からも生きてることの楽しさ、それへのどん欲さがいっぱい伝わってきた。今の時代、人間が一番必要なものではないかと思う。貴重なひとときとなった。個展はあと一週間くらいは開催されているとのこと。皆さんもどうぞ浅野川画廊へ足を運んでみられてはと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

組合委員長終了

3月23日の定期大会をもって無事?組合の委員長を引き継ぐことが出来た。この間、執行委員会や3役会議、集会、団体交渉等40回を超える会議を重ねてきたが、ストレスも大変なもので、胃潰瘍、頭痛、その他の体調不良のほとんどはここから派生したものではないかと思うくらいである。この間、たくさんの方に助けても頂いた。ありがとうございました。本校もこれから飛躍を目指して正念場を迎える。また1メンバーとして頑張ければと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

田崎先生退官記念の会

田崎和江先生の金沢大学退官記念の会が片山津温泉佳水郷で3月20日開かれた。田崎研の卒業生のみならず、片山津、氷見等、先生が街おこしや環境保護に関わってこられた街のみなさんを含めた120名を超える方が参加され、いい会になった。私自身先生と出会って12年、あっという間だったがたくさんのことを学ばせて頂いた。これからの先生のご活躍にこうご期待である。Tazakib

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

2008年度科学部送別会

毎年恒例の科学部送別会。今年度は石本さん、高羽君、松任君3名が卒業となった。科学の祭典や科教協全国大会への出展、化学研究発表会での報告、学園祭等積極的に関わってきたメンバーだが、あっという間の卒業・・・。3人とも大学への進学が決まっており、送別会でも楽しい話が聞けた。例によって一番しゃべったのは私かな?みんなそれぞれの世界でがんばって、また部活へも顔を見せに来て欲しい。おもしろがってなんでもやること!そこでできた仲間を大切にすること!だよ。Syuugou Sinoda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

修学旅行で考えたこと

準備に多大な労力をつぎ込んだ修学旅行が無事終わりました。4泊5日、平均4時間ほどの睡眠で乗り切るのは、結構つらいのですが、生徒達がとてもいい顔で過ごしているのが、うれしく、元気がでました。先生方との交流も楽しいものでした。個人的には、知覧特攻記念会館、がまだすドーム、亀山社中記念館?等で解説員の方から色々伺ったのが、とても勉強になりました。いつも「金沢・金の科学館」開館を意識している自分がいます。ただ、今回感じたこととして、どの施設も正規の解説員ではなくボランティアや嘱託、派遣等の解説員で成り立っているのが気がかりで、建物が大きいほど永続性に不安を感じてしまいます。やはり専門の研究者を正規に雇い、展示や解説に責任をもってもらう形が、経費はかかっても長い目でみれば必要なことなのではないかと強く思いました。それでも亀山社中記念館?は、街のおばちゃん達が楽しそうに解説してくれるのが印象的でした。BLOGに載せるということで、皆さんと写真をたくさん撮ったのですが、Kameyamaしばらくカメラが行方不明Yakyuu?で更新ができませんでした。ごめんなさい! Syuugakublog1 Sannkaku Gamadasu

1kitamurauematu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »