« 効き目抜群!尻焼温泉 | トップページ | 「人間は自然をどうとらえてきたか」林淳一 自然科学・教育論 »

2009年8月14日 (金)

瞬間電気ペン染色

先にも触れたが、これは今年の科教協ナイターで京都の杉原和男さんが、紹介されたものである。<紫キャベツ(アントシアニン)液を染色液に、金属をペン型にして陽極にすると、金属が溶けてアントシアニンの媒染剤になり、鮮やかに発色して布に文字が書ける。金属の種類により、発色が異なる。>というもので、見た瞬間、これは今年の科学部の個人研究のベースになるということが思い浮かんだ。幸い昨年の研究の延長線上になり、この研究に取り組んでもいいという部員がいてくれて嬉しかった。今日の午前中は、この研究を含め、お盆過ぎから本格化する個人研究の素案の下調べに忙しかった。皆、やってみたいことが違うので、部員が多いと結構見通しをつけるのが大変である。生徒まかせでいいものもあるが、ほとんどはそうはいかない。しかし、私にとって、こういうのは超充実のひとときで、山登りよりずっとわくわくする。インターネットで得られる一定の情報を元に文献を探り、図書館で資料を入手したりしたが、ひょっとすると今年は7研究になるかもしれないなぁ。

|

« 効き目抜群!尻焼温泉 | トップページ | 「人間は自然をどうとらえてきたか」林淳一 自然科学・教育論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/30955117

この記事へのトラックバック一覧です: 瞬間電気ペン染色:

« 効き目抜群!尻焼温泉 | トップページ | 「人間は自然をどうとらえてきたか」林淳一 自然科学・教育論 »