« 体育祭無事終了 | トップページ | 減量実験 »

2009年9月 5日 (土)

金箔でも大面積電極

金箔や白金箔で、電池や電気分解の大面積電極をつくる。メリットはどちらも陽極がとけない。教科書に書かれていることが、目で確かめられる。白金箔についてはこれまでも紹介してきたが、「ステンレス電極でいいじゃない?」などといわれたこともあった。ところが金箔には白金箔よりいいことがある。白金箔やステンレスだと銀色の金属(つまりほとんど全て)の析出がよくわからないのだが、金箔はそれがはっきりわかるのである。ただし24金箔でないとどうしても陽極が腐食してくる。これが金箔の純度測定にも使えそうだ。金箔の利用は街おこしにもなり、金箔、白金箔電解は「金沢・金の科学館」の演示実験のひとつだなと思っているのだが・・・。

|

« 体育祭無事終了 | トップページ | 減量実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/31253176

この記事へのトラックバック一覧です: 金箔でも大面積電極:

« 体育祭無事終了 | トップページ | 減量実験 »