« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

安房科学塾

年の最後、28,29日に千葉、館山で開かれる安房科学塾。今年は30回目ということだが、私自身は何回目の参加となるのだろうか?温度計入りライターを持っていったあたりが最初のほうなので、20回くらいかな?一年ぶりに顔を合わせる人も多く、まずはお世話になったお礼の挨拶に忙しい。今年科学部の5研究について、お世話になった人を列挙してみる。京都の杉原さんには、「紫キャベツで金属箔を見分ける」のヒントと瞬間電気ペンセットを貸して頂いた。千葉の中台さんには、たたらについて教えて頂いた。参加されてはいなかったが、宮城の阿古島さんには教室でのテルミットのやり方他をアドバイスして頂き、大阪の澤田さんからは、出雲の砂鉄を送って頂いた。東大の鍵さんからは、高温高圧法で作成したダイヤを送って頂き、常磁性反磁性で見分ける実験に使用させて頂いた。千葉の三門さんには、ガイガー管の作成について資料を送って頂いた。千葉の岩宮さんから、自分で装丁されたフォトアルバム(に使おうと私が思っている)とお菓子を頂いた。千葉の村上さんから、私がほんのちょっと資料をお送りしただけなのに、幕張高の生徒さんが研究された銀鏡反応の論文を頂いた。夏の科教協大会でお会いした人も多いのだが、一年があっという間だなということ、だれかに支えられて、物事は前に進んでいくということ、聞いてもらえるだけで幸せと言うことなどを実感できる貴重なひとときである。研究会そのものは、2時から6時まで、討議、6時から8時まで懇親会、8時から10時まで討議、10時からはお酒も入っての討議。今年は2時半で一日目はおしまい(去年は5時だった)という超ハードスケジュールである。翌日は8時から12時まで討議してさようならとなった。私は2日目に、今年の科学部の発表について30分ほど紹介させて頂いた。充分議論する時間がなかったのが残念だが、仕方がない。さて、病気のため盛口さんが参加されず、心配していたが、会終了後安房館山駅まで来て頂くことができ、思いの外お元気なのに驚き、安心もできた。年明けの3月にまた研究会をやろうということになったが、これも一つの楽しみに、年明けからの日々を頑張ってみたい。Awazyuku Moriguti

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

田貫湖からの富士

28日、29日には恒例となった安房科学塾にでかけるのだが、その前にどこか立ち寄りたくなった。いろいろ物色していたところ、NHKで田貫湖から眺める富士を扱っており、どうしても行ってみたくなった。26日の補習終了後、車で出発。その日は名古屋にいる2番目の娘のところに泊めてもらい、通勤時間帯高速割引を利用するため27日早朝から田貫湖を目指した。東名は静岡あたりから富士が現れ、ぐんぐん富士が迫ってきて素晴らしい眺めとなる。その写真がこれ。一周4kmの人造湖ということだが、のんびり釣り糸を垂れる人、景色を楽しむ人も多く、ゆったりとしたひとときを過ごすことができた。Huzi Huzi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

冬休みの補習

今年冬休みの補習は24,25,26日の3日間のみ。参加希望者からあらかじめ、扱って欲しいところを聞いておき、その分野のプリントも配ってやっておいてもらい、質問などを集中的に扱った。とはいっても非金属の気体のところとか熱化学とか多岐にわたった。この時期はセンター試験に向けて自分で仕上げをしていく時期なのだが、あきらめないで最後までやりぬくかどうかで結果が大きくことなるように思う。できる限りつきあって私も頑張りたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

化学研究発表会無事終了!!

2009年度化学研究発表会が終了しました。ここ2週間、土日もなく連日7時過ぎまで皆頑張って準備をしました。この発表会は賞が出るものではないのですが、いい評価をもらえると嬉しいものです。発表した当人達がやってよかったなと思えることが一番だと思いますが、どの研究もいい発表になり、みな満足そうでした。中学高校で23発表のうち5発表が金沢高校です。発表のテーマが他とかぶっていたりしても、視点の違いがはっきりしていて、よかったです。大学の先生から出された質問などにもしっかりとした受け答えで、皆さん感心しておられました。年が明けたらまた研究を楽しめたらいいなと思います。皆さんご苦労様でした。2009kagakuhappyoukai Happyou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

新聞を読もう!

私の所属している学年会で3年間継続して取り組んできた試みに「新聞を読もう」というものがある。これは土曜日の朝、(本校は隔週で土曜日が登校日になっている)担任が持ち回りで、自分が読んで面白かった新聞記事を印刷して生徒に配り、読んでもらうというものである。3年になってからはO先生が専属になり、新聞にこだわらないで興味深い文を提供してもらっていた。2学期の最後は、次のようなもので私自身すばらしいと思ったので、ここに紹介させていただく。詳細は添付ファイルでどうぞ

今回は、皆さんに植松努さんを紹介します。植松努さんは、北海道で、宇宙開発をされています。日本中の子どもたちとロケットをつくられています。植松努さんは、不可能と言われてきたことを、可能にしてきた人です。植松努さんの生きざま、凄すぎます。最高に心が震えました。今日は、その講演DVDから一部をご紹介します。 植松努さんは言います。『宇宙開発の目的は、“どうせ無理”を世の中からなくすため』『生まれたときからあきらめ方を知っている人間はいない。あきらめ方さえ教えてなければ、子どもたちは、素晴らしい人になるだろう。』 坂本龍馬は、交通の便が悪かった時代に歩いて歩いて日本を変えた。僕たちにはインターネットもあります。飛行機だって乗れます。だから、せめて、坂本龍馬くらいのことは、できてもいいんでないの、と思うんです。・・・・・。 生徒達にも好評でいいメッセージになっていると思っている。「sinbunwoyomou.doc」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

部活再開

金曜日から、部活再開。金曜日は2年生が修学旅行のため1年生の2人のみ。彼らはネオジムを用いた金属の見分け方の研究に取り組んでいる。「強磁性、常磁性、反磁性、キュリー点、渦電流を組み合わせて12種類の金属を見分けよう」というものである。<どうやったら、一般の人に面白いと思ってもらえる研究になるか。そういう発表になるか>を常に意識し、話し合って研究を進めてきたが、いいものに仕上がってきたかなと思う。なんにせよ彼らが<研究をして面白かった>と思えなければダメだと思っている。昨日は、2年生も全員登校し、朝9時から4時までのロング部活となった。生徒も私も好きでやっている研究のはずなのだが、時として、発表を意識しすぎ、私の型にはめようとしすぎていないか気になるところである。時間がなくなってくるとその傾向が強くなる。とはいっても皆よくやっている。それに比べ、なかなか結果が出ず困っているのが、3年生の模試。できるだけ覚える負担が減り、すっきりした形で頭に入るよう頑張っているつもりなのだが・・・・・。<あと30日しかないではなく、あと30日もある。><半分しかできないではなく、半分はできる>すべて前向きにとらえ、励ましていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

ちらし寿司の約束

1学期の終わりに、赤点をたくさんとってしまった生徒と面談し、どうしたらやる気がでるかと色々相談した結果「2学期の中間で赤点がゼロになったら特製のちらし寿司を作ってあげる」という約束をしてしまった。別の生徒も「僕らにも作って」とかいうので「化学で100点とったら」という約束もしてしまった。そうしたら、両人ともそれを達成してしまった。ずっと作ってあげずに来てしまい、今作らないともう機会がない。昨日材料を買いだし、制作に取り組んだ。素材にはこだわり、近江町杉村水産のうなぎ、忠村水産のカニ足、いくら、金沢港産の甘エビ、自家製錦糸卵、三つ葉、海苔をちらし、お米も7カップの豪華版となった。都合6人前である。さて気になる評判は?・・・・「最高!」「私も分けてもらった。美味しかったー!先生がつくったんやてー?」ということで喜んでもらえ、うれしいひとときであった。写真がなくてゴメンナサイ。でも約束果たしたぞー!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

マロウの実験

昨日は、午前中は学校で授業。午後から生活化学実験研究会に出かけた。もうすでに、雑誌「RikaTan」に入稿をすませた「マロウブルーで酸アルカリ」の原稿を持って行き、皆さんに実験を見て頂いた。今回の原稿の売りは<マロウブルーは萼をつけたまま熱湯をそそぐと、すぐにブルーの色が退色してしまうこと。萼をはずして花びらだけで抽出するとそのようなことがないし、お湯の温度を下げると退色がみられないこと>から、<熱湯を注ぐと萼から発色を妨げる成分が出ているのではないか>と考えたことが一つ。もう一つは<アルカリ源として、落ち葉や、番茶やマロウの萼を焼いた灰を用いると良い>ということである。科学部の生徒達と楽しみながら検証していき、家の台所でも確かめて「これで良し」とした。ところが、「煮沸すると色素が分解するんじゃないか?」という意見が出てきて、試しに色素を水出ししたものでやってみたら、色が薄れてしまった。これにはとても困り、原稿の修正をしなければならないかと思った。編集長の左巻さんにTELを入れ、その旨を伝えたところ、「訂正をメールで送って」ということになった。しかし、どうしても気になり、台所で実験をやり直してみた。結果は、私が送った原稿で正しいというものだった。今度は煮沸しても色が退色しなかったのである。水出しでも発色を妨げる成分が溶け出しており、煮沸することで作用するのかもしれない。ほっとしたものの、マロウは本当にデリケートな素材で、まだまだ研究の余地がある。興味のある方は「RikaTan」1月号をご覧になって欲しい。発売後しばらくしたら、このBLOGでも紹介しようと思う。さてこの日はサークルと飲み会が二つ重なり、小松の仮説のサークルに参加できなかったことが残念だった。飲み会は楽しかったが、今日は二日酔いで一日ダウン。まったく成長が見られないところが情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

サンタクロース

「たのしい授業」という雑誌には、ページ下の欄外に「はみだしたの」という欄があって、知床にいる娘がよく投稿している。12月号にはこんな文が載っていた。

<12月といえばクリスマス。クリスマスといえばサンタクロース。・・・・・。・私が子どもの頃に私の家にもサンタがきていた。ある歳のクリスマスの朝、目が覚めたら枕元にあったのは学習机のカタログ。そして「持ってこようと思ったけど重くて今回は無理だから、どれがほしいか選んでおいてね。今度もってくるから」というサンタの置き手紙。3月になって、机は届いたのだった。>

読んですぐ、娘に次のようなメールを送った。

「笑ってしまいました。ちと恥ずかしいお話ですね。そんなことがあったかな? でも我が家では十分ありそうなお話ですね。帰っておかあさんにも見せます。」

ということで、妻に見せたところ、「カタログなんか送った覚えないけどなあ・・・」とか言う。その旨再度娘にメールしたところ、返ってきたメールには

「サンタが置いてった手紙は大事に取ってあるはずやよー。きっとすぐ出てくると思う(笑)。絶対カタログあったよ。「どれがほしいか選んどいて」って書いてあったから,心の中で選んでおいたら,それと全然ちがうやつ来て,「サンタは子どもの心が読めんのか」とがっかりしたもん。」と書かれていた。どうやらこれはホントのことらしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

ガラスの授業

2年生は試験中。3年生も試験前ということで授業は問題練習ばっかりやっている。こうなると結構ストレスがたまる。化学Ⅱはガラスとゴムを残して演習に入ってしまったが、思い立ってガラスをやってしまうことにした。Siのベル、シリコンウエハーの実物とそれぞれの電気伝導性の実験、水ガラスの各種実験など結構楽しい内容がある。久々に楽しかった。2年生が修学旅行から帰ってくるまでの10日間は実験の授業もおあずけ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »