« 落ち葉を焼いたアルカリで銀、ニセ金を | トップページ | コサージュ作り »

2010年2月20日 (土)

苗代小学校第一回定期演奏会

楽しみにしていた苗代小学校合唱団第一回定期演奏会に出かけた。会場一杯のお客さん。小さい子も多く手作りコンサートの雰囲気が会場を包んでいる。まず指揮のムッシュさんとピアノの校長先生、そして団員の皆さんは「ゆかいに歩けば」の曲を歌いながら登場。団員の数が多いのにびっくりした。子ども達の元気な表情がとてもいい。声が澄んでいて、有名合唱団?を聞いているような気持ちになる。2題目になると声のトーンが変わり、はじけたような明るい調子になる。アンサンブルコンテストからわずか一ヶ月で、高音部もボリュームが落ちず、声がよくのびるようになったように感じた。4曲目?から合唱団ジュニア(団員は4年生以上なのでそれ以下)の子ども達も登場。小学1年と6年の違いに驚く。6年生も4月からは新入生で初々しくなるのだろうに、ここではとってもお兄さんお姉さんにみえる。小さい子達の嬉しくてたまらないといった笑顔には思わずにっこりさせられる。次々にレパートリーが進むが、コンテストの時に聴いた曲は、なぜだか曲にも歌う子にも懐かしさ?を感じてしまう。それだけ前の感動が大きかったのだろう。ジブリの曲など知っているものはこちらも口ずさみたくなる。休憩時間の映像も合唱団の日常の姿や歩みが感じられてとてもよかった。ムッシュさんが子ども達、それを支えておられる皆さんとつくり出しているような幸せな時間、空間を自分も、自分の場でつくり出していきたい。アンコールの「私はりんご」のメロディを一緒に口ずさみながら、そんな思いで一杯になった。あっという間のコンサートが終わり、団員達とムッシュさんは出口付近でお礼のお見送り。ムッシュさんと握手を交わした。「よかったよ」と言う言葉をかけようと思ったが、胸が一杯で言葉にならなかった。第二回、三回とコンサートの手際はよくなっていくだろう。でも第一回のういういしい緊張感を、その場で感じることが出来たのは幸せだった。ムッシュさん、そして皆さん、素晴らしい時間をありがとう!これからも楽しみにしています。

|

« 落ち葉を焼いたアルカリで銀、ニセ金を | トップページ | コサージュ作り »

コメント

昨日は、本当にありがとうございました。
お見送りでお顔を見た時は、感極まって、涙が出ました。涙涙の一日でした。もちろんうれし涙です。
本当にありがとうございました。

PS.ぜひともこの記事、ホームページにも掲載させてください。

投稿: ムッシュ | 2010年2月21日 (日) 08時19分

ムッシュさん、まさに一瞬一瞬が過去になるですね。このBLOG記事でよろしければどうぞお使い下さい。ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2010年2月21日 (日) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/33462370

この記事へのトラックバック一覧です: 苗代小学校第一回定期演奏会:

« 落ち葉を焼いたアルカリで銀、ニセ金を | トップページ | コサージュ作り »