« 科学部送別会 | トップページ | Sさんご苦労さん会(科教協) »

2010年3月22日 (月)

春の里山

3月も終わりに近づくと<そろそろいいかなぁ?>と心がざわめき始める。春の日差しが暖かい休日ともなればなおさらのこと、今日は朝食もそこそこに近くの里山に向かい、車を走らせた。今年は雪が多かったためか、この時期でもかなりの残雪である。途中で車を降り、小鳥のさえずりや、川の囂々たる水音を楽しみながら歩く。山桜もカタクリもまだだったが、フキノトウ、カンゾウ、センナと、景色と共に心を騒がせる山菜には出会うことが出来、春の恵みを少々分けて頂いた。夕食には、フキみそ、フキノトウやセンナの花の天ぷら、カンゾウのおひたし等楽しめそうである。採取禁止の立て札のないところを求め?、山菜の季節が幕を開ける。それが山登りのトレーニングも兼ねている。5月の連休明け頃からは、晴れの週末は山に向かうことが多くなる。今年はあたらしい山にチャレンジできるかな・・・。

Hukinotou Kannzou Senna1 Sennahana

|

« 科学部送別会 | トップページ | Sさんご苦労さん会(科教協) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/33881578

この記事へのトラックバック一覧です: 春の里山:

« 科学部送別会 | トップページ | Sさんご苦労さん会(科教協) »