« マグネシウム、カルシウムと温泉豆腐 | トップページ | 反応速度と過酸化水素の分解 »

2010年6月21日 (月)

水晶とケイ素の標本の写真

今日の1年3組の授業で、I君にかしてもらった水晶の標本を使い、返却した。そうしたら同じクラスのS君が、更に大きなものを持ってきてくれた。授業の中で、私がBLOGを書いていて、「その中で授業のことも書いているよ」ということを話した。せっかくなので、かしてもらった標本をここに紹介しておきたい。水晶とシリコンである。卒業生の伊田君(実名でコメントをくれているからいいよね)がサンプルをくれる(見せて?)らしいので楽しみにしている。

Suisyou Sirikonnberu

|

« マグネシウム、カルシウムと温泉豆腐 | トップページ | 反応速度と過酸化水素の分解 »

コメント

水晶キレイでしたshine

投稿: 10611番 | 2010年6月21日 (月) 23時01分

おおー、見事な試料ですね。
これに比べたら私のはもっと小さいですよ(2~3cmくらい)。あまり期待しないでくださいね。
一応お見せするだけのつもりなのですが・・・(笑)

ちなみに山梨の鉱山跡や露頭にいけばいくらでも採れるらしいですよ。
ただ現地には、(地権者に無断での)盗掘やフッ化水素の空き容器をポンポン捨てる不逞の輩が多いらしいので、間違われないためにも許可を取ってから行った方がいいみたいですが。

投稿: 伊田 | 2010年6月21日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/35391150

この記事へのトラックバック一覧です: 水晶とケイ素の標本の写真:

« マグネシウム、カルシウムと温泉豆腐 | トップページ | 反応速度と過酸化水素の分解 »