« 金とニセ金の見分け方ーその2 | トップページ | マグネシウム、カルシウムと温泉豆腐 »

2010年6月20日 (日)

元素のサンプル付き周期表

「元素のサンプル付き周期表」も定番の一つ。昨日書いたように最近はパラジウム高騰のため一つサンプルが減ったが、金属を中心として21種類の元素サンプルが貼り付けてある。金属には光沢があり、金と銅を除きすべて銀色であること、磁石につくのはFe,Co,Niの3つしかないこと(ここではFe,Niの2つ)。金属はすべて電気を通すことなどが、確かめられ、サイズもお財布に入れて持ち運べるように名刺サイズにしてある。このサンプルのうち、Mgはマグネシウムリボンを両面テープに貼り付けて使用しているが、あらかじめ準備するより、その場でマグネシウムリボンをぴかぴかに磨き、火をつけて燃やしてみる。酸(お酢かレモン汁)に入れて溶かしてみる。等の実験を楽しんでから、新たに磨いたマグネシウムリボンを両面テープにつけて、貼り付けてはどうかと考えた。マグネシウムはすぐ錆びるので、マニキュア等をぬってさび止めをする。等を考えている。

Photo

 

|

« 金とニセ金の見分け方ーその2 | トップページ | マグネシウム、カルシウムと温泉豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/35372975

この記事へのトラックバック一覧です: 元素のサンプル付き周期表:

« 金とニセ金の見分け方ーその2 | トップページ | マグネシウム、カルシウムと温泉豆腐 »