« 3年生の授業・・・・ | トップページ | 学年集会で研究発表・・・ »

2011年1月12日 (水)

真砂砂鉄を探せ!

真砂砂鉄をテルミット法で還元すれば、Mnの添加無しに延性のある鉄が取り出せるのか?真砂砂鉄が採取出来る第一候補の花崗岩地帯、宝達山下流の砂鉄は残念ながらTi分8%でダメだった。次なる候補地は能登剱地。添付地質図の中程ピンク色がGr(花崗岩)である。その下流にあるのが、剱地。近くに黒崎という地名があるのも興味深い。よく見ると、この近くにはいくつかGr(花崗岩)が出ている。これとたたら跡と相関は見られるのだろうか?興味は尽きないのだが、さて、いつ砂鉄採取に出かけようか。

2

| |

« 3年生の授業・・・・ | トップページ | 学年集会で研究発表・・・ »

コメント

息子を熱心にご指導いただきありがとうございました。とても感謝しております。
剱地近くの琴ヶ浜に砂鉄があるのを、別の調査の際に確認しています。
琴ヶ浜の海に向かい左側に崖があり、そこには見事な柱状節理が見られます。その崖付近の砂浜に砂鉄がありました。

投稿: 父 | 2011年1月12日 (水) 11時13分

お父様ですか。来彦君もよくがんばりました。この2年間で大きく成長したような気がします。文系へ進むのですが、きっと大きな力になることと思います。さて剱地の砂鉄についての情報ありがとうございます。現地訪問が楽しみになりました。実は現地に友人の研究仲間がおり、砂鉄を採取したことがあるとのことで、当日は指導して頂けることになっています。これからの展開に期待したいと思います。今後ともよろしくご指導下さい。

投稿: 管理人 | 2011年1月12日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真砂砂鉄を探せ!:

« 3年生の授業・・・・ | トップページ | 学年集会で研究発表・・・ »