« 地震・大変な事態 | トップページ | 原発事故の進行と報道 »

2011年3月13日 (日)

海水を注入?

原発の状況が大変気になる。炉心が溶融→爆発という事態は現在のところ避けられているようだが予断を許さない状況である。格納容器に海水を注入という報道が気になり、調べてみると 福島第1原発1号機について、枝野幸男官房長官が13日午前、記者会見して「原子炉圧力容器の内側に海水が満たされていると判断されると述べたという記事があった。原発(福島原発のような沸騰水型)は、外に放出されない一次冷却水と、その一次冷却水を冷やし、外(海)に熱を逃がす二次冷却水の2段構えで燃料棒が冷却される。この記事のように原子炉容器内に海水を一次冷却水として注入すると、発生し続ける燃料棒からの熱により、どんどん濃縮され遠からず塩の塊になってしまう(と思える)。循環することはできないように思え、濃縮を避け燃料棒を冷やし続けるためには、外から海水を汲み入れ続け、内部の海水を捨て続けなければならないのではないのだろうか?当然その海水は多量の放射能を含むことになる。緊急事態とはいえ、それをしなければならないほどなのだ。不安がつきない状態である。

|

« 地震・大変な事態 | トップページ | 原発事故の進行と報道 »

コメント

福島原発の危機は、同じ東北電力の女川原発が「無事にコントロール」されている「対照実験??!!」との比較から見ても、人為的ミステイクと言わざるを得ない。津波のエネルギーが想定外という言い訳は許されない。これは東京電力の怠慢といえる。東大の某教授は、原発推進の立場から大丈夫、安全だと言っていたが、まったくの論外と言うしかない。
 考えてみれば原発はCO2が出ないクリーンエネルギーと喧伝し、CO2を増加させない切り札的な宣伝をしてきたが、これは費用対効果の発想も含めて多時間的に社会の将来を考えたときにナンセンスである。
 もし、原発がそれほど良い発想ならば、首都東京のど真ん中にも設置すべきであるという論に反論できるのか???東京の隣接自治体の千葉、神奈川に無いのはナゼかとうがった見方も出来る。みなさんのご意見を伺いたい。

投稿: トッキーY | 2011年3月14日 (月) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/39212985

この記事へのトラックバック一覧です: 海水を注入?:

« 地震・大変な事態 | トップページ | 原発事故の進行と報道 »