« ごみ捨てと体 | トップページ | 電気分解の実験は9V乾電池で! »

2011年6月15日 (水)

ごみ捨てでうれしかったこと

月曜日のごみ捨ては、山のように積んだ軽トラ2杯分の作業でした。この一回目に事件は起きました。荷台を固定するロープが甘く、途中でほどけてしまい、積んであった段ボール一杯分の陶器ごみが道路に散乱してしまったのです。割れた皿等を必死でかき集めたのですが、後続車はどんどんやってくるし、中々きれいにならないしでパニック状態でした。ところが、対向車線を通りかかった車がUターンしてきたかと思うと、二人の男性が竹ぼうきを手に下りてきて、なにも言わずにがれきをかき集めてくれ出したのです。「ありがとうございます」という私の言葉に「お互いさまや。細かいのはこっちでやるから大きいのだけ集めて」という言葉が返ってきました。きれいになった後、「あと、くずれないようにね。」といって立ち去られたのですが、本当にうれしい出来事でした。名前もお聞きしなかったのですが、本当にありがとうございました。

|

« ごみ捨てと体 | トップページ | 電気分解の実験は9V乾電池で! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/40408948

この記事へのトラックバック一覧です: ごみ捨てでうれしかったこと:

« ごみ捨てと体 | トップページ | 電気分解の実験は9V乾電池で! »