« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

テルミット法でMnを取り出す

夏のアルケミストの会で、<マンガンバクテリア電池の負極に金属Mnを使ったらどうか?>というアドバイスを頂いた。これは面白いということで、Mn箔を探してみたところ、素材メーカーのニラコでMn箔は25mm×25mm×0.025mm厚で85,000円もしている。これでは手が出ないので、テルミット法で二酸化マンガンを還元してMnを取り出そうということになった。さて、今日の部活で実験してみたところ、めでたく小さい金属の塊が取り出せたのだが、はたしてこれはMnかどうか?明日、酸に溶かして、硫化物の沈殿でも作ってみることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋3軒

はしごをして蕎麦を食べたというお話ではありません。名古屋にいる娘が昨日帰ってきたので、私もお休みをもらい(夏休み最後の日)ました。お昼に蕎麦を食べようということになり、好みのお蕎麦屋にいったところ、何とお休み!次の候補もその次もお休み!!電話してから行けばよかった・・・。結局この日はうどんになりました。こんなことがよくあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<金沢・金の科学館> その2

<金沢・金の科学館>は基本的に収益を目指すものではありません。したがって、たまに問い合わせがあったりするのですが、学芸員も募集はしません(笑)。このことを考えていると、学校教育というか今の教育システムの中で自分がしなければならないことが見えてくる気がするのです。現場が忙しければ忙しいほど、こういった視点もあってもいいかなと思ったりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

金沢・金の科学館について

県私学研修会でも<生徒・市民とつくる金沢金の科学館>の発表をさせて頂いたが、山に登っていても、結構そのことを考えている。<金沢・金の科学館>は3年後に開館を目指しているが、その場所は小松市の実家を使うことを考えている。「小松にあっても金沢なのは、東京ディズニーランドみたいなものですね」と、ある方にも言って頂いたが、名前は<小松・金の科学館>でもかまわない。小松も金と金属にゆかりの深い街である。金と金属をめぐる常設展示(どろぼうに入られないよう注意?)の他、企画展や体験講座等がやれればいいし、科学読み物を揃えた図書コーナーも設置出来ればと思う。自分並びに子ども達や同好の方々の居場所が出来ればいい。ということで、今から科学読み物を収集できないかな(多分妻は、散らかるだけと反対であろう)と思うので、皆さん、不要で、おすすめの科学読み物がありましたら、是非ご提供下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

難行の果ての別世界

五色ヶ原へ行ってきました。立山山頂からみえる優美な姿にあこがれて、気軽に出かけたのですが、これまで行ったどの山より大変な、アップダウンを繰り返す行程に、途中で引き返そうかと思ったくらいでした。その度に出会った蝶やお花、雷鳥、素晴らしい眺望に元気をもらいなんとかたどり着くことが出来ました。たどり着いたそこは苦労の甲斐ある別天地。静かでお花も多くとてもよかったです。山荘は週末なのに人出も多くなく、なんとお風呂に入れるは、部屋は個室でゆっくりできるはで最高!。行き6時間、帰り7時間(登り下りという感じではない)でコースタイムより1時間程多くかかってしまったのですが、満足な山行でした。もう一回行くかと言われたら・・・?

Gkoya2 Gtyou Graikou Grautyou Gtorikabuto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

立山五色ヶ原に行ってきます

どうしようか迷ったのですが、幸い天気が好転したので、立山の五色ヶ原に今から行ってきます。山小屋に一泊するのは今年は初めてです。立山から眺める五色ヶ原は、広々とした真ん中に赤い屋根の山荘が魅力的で、いつかゆっくり行ってみたいと思っていた場所なのです。では、では、行って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

虫の声

夕闇と共に訪れる虫の声が心地よくなってきた。何種類もの虫の音色が不思議に調和していてとても気持ちが良い。しかし、山側環状の車の音はいらんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

第38回中部地区石川県私学教育研修会

石川県の全ての私学から参加者が集まるいわば官制の研究会だが、これが来ると夏がもう終わるなという気分になる。今年は金沢東高校が会場だった。理科の発表は私にお鉢が回ってきた。レポーターをお引き受けするのもこれが最後になるので、(7年に1回しかまわってこないから)やらせて頂くことにした。タイトルは<生徒、市民とつくる金沢・金の科学館>。およそこういった会には不似合いなタイトルで、他と比べてもその異端さが目立ったが、まあいいとしよう。この夏、全私研や科教協の大会でもお話させて頂いた<石川産砂鉄で良いナイフはつくれるか>を中心にした科学部をめぐる一連のお話である。ほぼ2時間たっぷりかけて、思うところを聞いて頂いた。分科会後、書いて頂いた感想文は好意的なものが多くてほっとした。一つ一つのステージが終わっていくのには、ほっとしたような寂しいような不思議な感慨がある。次のステップの足場になったかは、はなはだ疑問・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

科学部ガラス館の準備

科学部はこの3日間、文化祭で担当するガラス館の準備に忙しい。色ガラス棒、鉄芯、剥離剤、トンボ玉にストラップをつける部品等の確認と整理をし、不足分を買い出す。インターネットで発注も完了した。ポスターも上手に作成し、手際の良さに感心させられた。あとは慣れから来るケガに要注意!素敵なトンボ玉ストラップをたくさんのお客さんに作ってもらえればいいと思う。クラスの方はダンスで参加するが、こちらの方も自分たちで取り組みを進めている。私も仕事を色々抱えてしまったが、一つずつなんとかなんとかこなしている毎日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

てっぽうゆりが咲きました

我が家の庭に今年もてっぽうゆりが咲きました。数年前、義父を見舞いに行った娘に「植えるといいさ」と渡してくれた種を妻が植えたのだそうです。命を受け継いだように毎年さわやかな花をつけてくれます。今朝は心が少々晴れなかったのですが、とても心が和みました。

Yuri1 Yuri2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

目の前を熊が・・・

北海道にいる娘の話。知床でのつい先日の出来事らしいのだが、コーナーでは必ず発する警戒音を出すのを忘れて山道を曲がったら、目の前に熊がいたとのこと。向こうがびっくりして逃げていったらしいが、気をつけてー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

高密度で楽しい科教協北陸ブロック合宿でした。

10人の参加で行われた今年の科教協北陸ブロック合宿。はるばる埼玉から合間さんも参加して下さり、とても高密度で充実した時間が流れました。特に20代の2人の先生から授業と、そこでの生徒の様子が語られたのがよかったです。2人とも授業と実験、生徒が大好きということがびしびし伝わってきました(すごいなぁ!)。実験も盛りだくさんで、その場で「ああした方がいい、こうしたほうがいい」という意見交換がたくさんなされました。3時半から6時15分までが第一ラウンドで,中学校での溶解と力学の授業実践が検討されました。小中高それぞれの立場から色々な意見が出されましたが、ここならではです。夕食の自己紹介も傾聴すべきお話が次々とでてあっというまに2時間。皆さんがとても素敵な時間を過ごしておられることが伝わってきました。食後の8時から9時までは、田崎先生がタンザニアや福島での出来事をリアルに語って下さいました。厳しい現実にどう向き合っていくのかは、我々理科教師にとって避けては通れない課題です。その後は恒例の花火見物にでかけました。大花火大会は翌日の21日だったのが残念でしたが、お祭りの元気な風物が街にあふれていて楽しめました。共同浴場で一風呂浴び、宿舎に帰って12時過ぎまで色々な話題で盛り上がり、翌日は8時からもうレポート検討開始。若い2人の先生の実践報告の他、4人が次々に話題を提供し、12時の定刻がなければいつまででも議論が続いていたと思います。次はこれをやろう!という企画が色々だされ、閉幕となりましたが、終始なごやかな雰囲気が一杯で、充実した貴重な時間が得られました。皆さん、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

G1 G2 G3 G4 G5 G7 G8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

科教協北陸ブロック学習会に行ってきます

これから科教協北陸ブロック学習会に行ってきます。明日のお昼まで、片山津の民宿「さつき」で行います。参加者は多くなさそうなのですが、楽しみです。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

お片づけ

夕食時、孫の晴斗をしばし我が家で預かることになった。しかし、まぁよく食べること、食べること。さて夕食後はお片づけがお気に入りらしく、我々の食事中の食器まで全てテーブルから洗い場までお運びしてくれる。本を読むより、積み木より、お手伝いのお片づけがお気に入りらしい。将来もそうであって下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年生の補習

今日から3年生の化学の補習を開始した。有機化合物で分子の形と異性体を各人が分子模型を組み立てながら考えていった。月曜日からは補習とともに部活も再開で、また忙しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

誕生日

今日は50+α回目の誕生日でした。無事(なんとか)ここまでこれたことを皆さんに感謝致します。今後ともよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂金取り講座

加賀市の中学校理科の先生を対象に砂金取り講座をやって欲しいという依頼があり、今日がその日でした。前日夜からすごい雨になり実施できるか心配でしたが、なんとか午前中は天気が持ってくれてよかったです。場所は今回も貝殻橋ですが、そこそこ取れて(小学生の女の子が1人で3粒見つけました)ほっとしました。なんと今年はこれが初砂金取りでしたが、楽しい一時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

清津峡の名水

新潟へ出かけた際に、水に関して感心したことがいくつかある。その一つが清津峡をトレッキングしたときに出会った大峰の名水。わき水らしいのだが、その場で飲んでみてとてもまろやかなのに驚いた。ペットボトルに汲んで持ち帰り、お茶を入れてみてまたびっくり。我が家は、小松の「桜生水」を週一回くらい汲みに行って愛飲しているが、それを上回る美味しさである。いったい水が美味しいとはどういうことなのだろうか?新潟で泊まった宿「貝掛温泉」のご飯(お料理も)もとても美味しかったが、お米(魚沼産こしひかり)にも水の味を強く感じた。美味しいものは身体にも良いはずでとても気になるところである。また新潟まで汲みに行こうかしらんなどと思って懐かしんでいる。

Nigatameisui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当

野球応援でもう一つ困ることに行き帰りに出されるお弁当がある。たくさんの数になり、食中毒が心配される季節なので仕方ないのかも知れないが、多量に添加されているであろう保存料がどうしてもだめなのだ。私はこれを食べると猛烈な眠気と共に体調がめちゃくちゃ悪くなる。今回もほとんど食べず、持参したおにぎりやパーキングでの軽食に頼らざるを得なかった。こちらは技術の進歩を感じない出来事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排気ガス

野球応援はいいのだが、行き帰りはかなりの長時間の移動になり、かなり辛いものがある。その中である変化に気づいたのが車の排気ガスである。サービスエリアにはたくさんのトラックやバスが停車しており、以前はその排気ガスがめちゃくちゃ辛かったのだが、それがほとんど気にならない程になった。技術の進歩を感じる出来事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびくろユウキ

北海道に行っている娘が自家本『ちびくろユウキ』を出版し、一冊が送られてきた。子どもの頃から、大学に入るまでを、日記や思い出を元に綴っていったもので、一部は雑誌『たのしい授業』でも連載された。我が家の子育て時代のことがたくさん出てくるので恥ずかしい面もあるが、皆さんに喜んで頂けるのなら嬉しい限りである。お盆で帰省していた下の娘が通して読んで「よく小さいときのことを覚えているねぇ。でもなんか切なくなる」言っていた。アトピーで食べられないものがたくさんあり辛い思いをしたことやそれらをめぐるドラマの数々は兄弟に共通したことなのだ。さて、私の方でも差し上げたい方々がいるので「お金払うから10冊送って。」とメールしたところ、「9月になって余ったら」という返事が返ってきた。仮説社でも扱っているとのことなので、読んでみたいと思われた方はそちらに問い合わせてみて頂ければと思う。

Tibikuro1 Tibikuro2 Tibikuro3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

熱戦!

習志野高校との試合は2対1での惜敗。応援も向こうは200人の大ブラスバンドで迫力があった。うちも前回までは、富山第一高校の友情応援で100人近かったのだが仕方がない。それをものともせず初回から息詰まる熱戦で力が入った。最終回はスクイズが正面をついてしまったり、相手のファインプレーに阻まれてゲームセット。残念だったが、全国の頂点との差はわずかであることが実感できた。野球部のみんな、ありがとう!

P8164799

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

野球応援に行ってきます

今から応援に行ってきます。午後10時出発で明日の第一試合。今年はなぜかゆかりの県との試合が多い。一回戦は三重(息子の嫁さんの出身)。2回戦は福島(先日までお世話になった)。3回戦は千葉(妻の出身)。さてどうなりますか・・。頑張ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

実家の草刈り

昨日からなんとかお休み(とはいっても研究会は充実した日々だったのでまったく苦にはならなかったのだが)。昨日は、病院へいったり学校へいって書類の作成。今日はほとんど昼(朝)寝。午後から実家の掃除に出かけた。先日草刈機を購入したのだが、それを使って畑の草刈に勤しんだ。広い面積がどんどんきれいになっていくのは中々気持ちがいいのだが、母はさぞ大変だったことだろう。墓掃除も終え、明日はお盆となる。父も母もいない初めてのお盆である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

野球部2勝目!

4対2で福島聖光学院に快勝!新潟からの出張帰りの車中でラジオ観戦となりましたが、見事2勝目。これで3回戦の応援に行けます。15日の夜出発で16日の第一試合ということですが、楽しみです。野球部の皆さん、頑張って下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

科教協大会終了

科教協全国大会(於宇都宮大学)が終了しました。化学分科会のとりまとめの他、特別分科会の司会、分科会での報告、アルケミストの会主催のナイターでの演示、アルケミストの会の合宿等とても忙しかったです。科学部の研究とそれにまつわる数々のお話が中心だったのですが、たくさんの方から実際的な役に立つアドバイスを頂けました。即部活にいかせそうで楽しみです。また、今現在悩んでいることも含め、私なりのメッセージを発信することも出来たと思います。福島原発事故と今後の対応、今後のエネルギー政策、どう教育(授業)に取り入れていくのか等考えるところもたくさんありました。明日からは新潟です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

全国総文無事終了

福島県郡山市で開かれた全国総文自然科学部門での発表が無事終了しました。出来る限りの準備、練習をし、きちんとした発表ができたと思います。他の研究のレベルがすごく高く、入賞することはできませんでしたが、とてもいい経験と機会になりました。私はこの会の後、栃木県宇都宮大学で開かれている科教協全国大会に参加しています。石川に帰るのは8日になり、その後はすぐ新潟に出張です。野球の応援にもしばらく行けず(ごめんなさい)、残念ですが、一回戦は見事に突破できて良かったです。応援に行けるときまで勝ち残ってくれていると信じています。がんばれ!

2 4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

我が家の庭の涼

忙しいと気が付かないが、少しゆとりをもって庭を眺めてみると、朝顔やお花(母の遺品を持ってきたものでとてもきれいだが名前がわからない。お分かりの方は教えて下さい)が涼しさとやすらぎを作ってくれているのに気が付いた。

Photo_13 Photo_14 Photo_15

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テルミット法で原爆瓦をつくる

全私研の理科分科会で東京の阿部さんがトーチバーナーでつくる原爆瓦の実験を紹介しておられた。2000℃の温度が得られるバーナーで瓦の表面を焼くと、原爆の熱線で焼かれたように瓦の表面が泡立つというものでとても興味深かった。しかし、温度が不足なのか、泡立ちが今ひとつであった。その場で意見交換しているうちに思いついたのが、3000℃の温度が出るテルミット法を瓦の表面で行うということである。阿部さんも興味を持って下さり、宿舎においてあった瓦を取りに戻って下さった。その瓦をもって翌日、科学部の鉄組で実験してみることにした。さて、瓦を示し、「東京の阿部先生が瓦の表面を2000℃のバーナーの炎で焼いて、原爆の熱線で焼かれたようにする実験を見せて下さった。ところが温度が不足なのか、今ひとつ瓦の表面が熱線で焼かれたようにならない。」という説明をした。すると若林君がにやっと笑った。そして「テルミットで焼くつもり?」というではないか。さすがである。早速上出君にその実験をお願いした。その結果が次の写真である。見事に瓦の表面が大きく泡だって迫力満点である。鉄の塊があちこちにめり込んでいるのも生々しくてよい。原爆の熱線なら鉄は蒸発してしまうが、そういった想像力を喚起してくれる。ただし砂鉄とアルミでは温度が不足するのか表面は今ひとつ。酸化鉄とアルミで素晴らしい結果が得られた。この場合は反応が非常に激しいので、遠くから点火する等の工夫が必要である。言われなくてもそれを考えて実験してくれた上出君、さすがですね。

Photo_10 Photo_11 Photo_12

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

オープンスクール大好評!

今日は中学生対象オープンスクールの一日目。科学部は液体窒素で遊ぼうを担当した。一日2ステージなのだが、初回は実験室が大混雑するくらいのにぎわいとなった。昨年を体験したメンバーが9人もいるだけに、説明も堂に入ったものでゆとりも感じられた。部員たちが皆とてもいい顔で説明を楽しんでいたこと、中学生からも楽しー!という声があちこちで聞こえたこと、特にM君の担当した雲の実験は初公開だったがすごく好評だったこと等が印象的だった。明日は福島に向かう3人が抜けることになるが、3年生が2人手伝ってくれることもあり大丈夫だろう。がんばってください。福島組も頑張ってきます!

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

中学生体験入学の準備

今日も朝早く、山代からとんで帰り、明日から開かれる「中学生対象オープンスクール」の準備を行っている。科学部は<液体窒素で遊ぼう>のコーナーを担当するが、員達もそれぞれのコーナーのポスター作製等を頑張っている。今からそのリハーサル。午後からはまた福島総文のリハーサルを行う。会い間に、液体窒素の容器を教育センターに借りに行ったり、液体窒素そのものを急きょ買い出しにいったりと、バタバタしているが何とかなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »