« 万歩計で知る運動不足 | トップページ | 蕎麦の種を数えてみました »

2012年1月 4日 (水)

ことしのお飾り

昨年、母が亡くなったので、今年は玄関のお飾りも控えようかと思っていたら、仮説の大会でお世話になった東京の牛山さんから、またまた素敵なお飾りを送って頂いた。これがあまりに良い感じなので、玄関の中に飾ることにした。子ども達と一緒に作られたということだが、
<金の科学館>でも、こういうのが作れないかな?私が子どもの頃、打越(生まれ育った町)の子ども達は自分たちで竹を削って小さな松飾りを年末に皆で集まって作り、それを町内に売り歩くのが常であった。そのかけ声も決まっていて「こんに。じゃまでも獅子のお飾り買うてもらえんけー」だったような気がする。その売り上げで、三が日が過ぎた後、小さな宴会を楽しんだ。そういう子ども自治が当時はそこら中にあったような気がする。そこから知らず知らすにたくさんのことを学んでいた。4,50年が過ぎ、子ども達は幸せになっているだろうか?子どものうちに学ぶべき生きるすべを学べているだろうか?と考えるとお寒い限りである。それだけやる値のあることが今はたくさんあるということだろう。

2012okazari1 2012okazari2

|

« 万歩計で知る運動不足 | トップページ | 蕎麦の種を数えてみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199211/43606758

この記事へのトラックバック一覧です: ことしのお飾り:

« 万歩計で知る運動不足 | トップページ | 蕎麦の種を数えてみました »