« アルミと水酸化ナトリウム溶液の反応 | トップページ | (ニセ)金の指輪の重さ »

2012年10月31日 (水)

(ニセ)金の指輪が届きました

中一夫さんの講演会に参加した際、研究会仲間の珠洲のマサさんに、私のお宝グッズを見てもらいました。気に入ってもらえた物の一つにニセ金のインゴットがあります。これは見た人、皆さんが欲しがられる代物です。その時に「ニセ金は密度で見分けられるよ。でも金と同じ密度のタングステンに金メッキすれば密度でも見分けられないよ。金より高くなると思うけど」というお話をしました。しかし<タングステンに金メッキをすると本当に金より高くなるのか>が気になって調べてみることにしました。すると、タングステンに金メッキをした装飾品がいくつも売られていることがわかりました。しかも安い!!早速、指輪を購入してみることにしました。1個2千円ほどです。2個注文し、それが先ほど届きました。21号で直径が19.7mmあります。重さはどれくらいあるのか明日量ってみたいです。持った感じはずっしりと重く、金そのものです。しかも、どこにもタングステンの表示がありません。表面に<Love forever>などと刻印されているのが嘘くさいですが・・・・。これでどうやって本物か偽物か見分けるのかな?しばらく遊べそうなお宝グッズが、また一つ増えました。

Photo

|

« アルミと水酸化ナトリウム溶液の反応 | トップページ | (ニセ)金の指輪の重さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルミと水酸化ナトリウム溶液の反応 | トップページ | (ニセ)金の指輪の重さ »