« 金赤発色のメカニズム | トップページ | 保護者懇談会 »

2012年12月16日 (日)

朝3時起きで

「鴨池観察館で<ガンの飛び立ち見よっさ>という企画をやってるから見に行かない?朝一斉に飛び立つのが凄いらしいよ。」と妻が言うので、行くことにした。ところが朝6時半からの企画とのこと。我が家からは1時間はかかるので、早起きすることになった。こういうとき私は気になって眠れないたちで、2時半頃から目が開き、結局3時に起き出して、ご飯を炊き、おにぎりを作って、お茶を入れ、5時には出発となった。道路もすいていて、6時前には到着し、館内には6時半前に入館できた。館内には鴨池にいる沢山の鳥たちの鳴き声がマイクで流れていた。まだ暗いのに結構にぎやかである。凄い数の鳥が群れで湖面を埋めているのを見るだけで壮観だった。「あそこが白鳥でこっちがガン、ヒシクイが・・・」というレンジャーの方の解説を聞きながら、飛び立ちを待ったが、1時間経っても、なかなか飛び立ってくれない。飛び立ちの時刻は、状況次第で日によってまちまちなのだそうだ。この日は一斉の飛び立ちは無かったが、白鳥、ヒシクイ、ガンがそれぞれ小グループで編隊を組んで飛び立って行くのや、逆に帰ってくる鴨の群れを見ることができた。次は何千羽が一斉に飛び立つところを是非見てみたいものだ。

Kamoike0 Kamoike1 Kamoike2

|

« 金赤発色のメカニズム | トップページ | 保護者懇談会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金赤発色のメカニズム | トップページ | 保護者懇談会 »