« 究極のメニュー? その2 | トップページ | 初詣 »

2013年1月 2日 (水)

究極のメニュー その3

④山登り

 昨年登った山は、斑尾山(長野)、医王山(石川)、大山(鳥取)、平標山(新潟)、焼岳(岐阜)、天蓋山(岐阜)の6つで、どれも日帰り登山となった。低い山が多くなってしまったが、今年は山小屋泊まりのロングコースに行けるだろうか?体力、膝との勝負かな?

⑤畑仕事と作物作り

 昨年、私が小松の実家の畑で育て始めた物は、マロウブルー、バジル、ライム、レモン、ミカン等である。妻はジャガイモ、にんじん、茄子、トマト、ピーマン、カボチャ、大根、サツマイモ、里芋、ネギ。並べてみると私の方が遊び的色合いが強く、妻の方が実用的で重労働を伴うものが多いようである。蕎麦は2回目で失敗してしまい、新たにチャレンジしたい。大豆を蒔いて枝豆を収穫し、それでビールというのが夢の一つである。草取りなどはとても大変なのだが、<食と自然とサイエンス>が<金の科学館>の柱である。頑張ってみたい。

⑥料理

 気分転換の一つとして時々やっているのが料理。昨年はハムやビーフシチュー、ナメコの佃煮、ほうれん草蕎麦、素麺茄子、焼きそばなど定番のものが多かった。ジンジャエールを自作し、カクテルのモスコミュールを作ったのが特筆である。これにはライムの自家栽培が不可欠だが、ライムは小松の畑でコモを巻かれて越冬中であり、頑張って冬を乗り越えて欲しいものである。だめなら温室かビニールハウスに挑戦となる。お気に入りのなめこの佃煮は、ナメコを1万円近く買っており、ぜひ原木ナメコを育てるところから始めてみたい。たらこ、いくら作りはコレステロールとの関係で自粛となっている。この傾向は今年も続くが、まぁ仕方がないかな。

|

« 究極のメニュー? その2 | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 究極のメニュー? その2 | トップページ | 初詣 »