« 庭の水仙、庭の梅 | トップページ | 白金箔と爆鳴気の爆発実験 »

2013年4月 1日 (月)

九州へ行ってきました

日曜日まで、しばらく九州へ行ってきました。この1月から色々大変なことがあり、妻にも精神的に迷惑をかけたこともあり、すこしゆっくりしてもらおうという趣旨です。阿蘇を見せてあげたいという思いもありました。しかし、実際は科学館、美術館巡りが中心になりました。湯布院、阿蘇、九重高原付近を回ったのですが、<金の科学館>の参考になることがたくさんありました。阿蘇の火山博物館は、何回も阿蘇に行っているのに入館したのは初めてのような気がしました。浅間の火山博物館と同じようなものだろうと思い、あまり期待していなかったのですが、とても面白かったです。展示が興味深く、阿蘇の成り立ちや、火山の仕組みがよくわかりました。その近くの八重原地熱発電所も解説が丁寧で面白かったです。地熱発電の話は何回も聞いていたのですが、八重原発電所がどういう点で特徴的なのかが解説員のお姉さんの説明から伝わってきました。個人美術館では、湯布院にある由夛加(ゆたか)磯崎ギャラリー、九重高原にある前田真三の写真展示館などが良かったです。磯崎さんとは個人的に色々お話できたことがよかったし、前田真三の写真展示館は、鎌田實の文章と写真を組み合わせた企画がとても良かったです。芸術として素晴らしく、見ていてとても癒されます。癒しは<金の科学館>に欲しい、大切な要素なのです。阿蘇の野焼きを目の当たりにできたことも良かったなぁ。しかし、阿蘇などがほとんど中国語、韓国語であふれている状況には驚きました。とにかく、あっという間の九州の旅でした。

|

« 庭の水仙、庭の梅 | トップページ | 白金箔と爆鳴気の爆発実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭の水仙、庭の梅 | トップページ | 白金箔と爆鳴気の爆発実験 »