« 金の炎色反応 | トップページ | 夕日、つつじ、野球の試合 »

2013年5月12日 (日)

Au(金)の炎色反応は本当に緑色か?

前回記した金の炎色反応が緑色ということについて(ひょっとしてあれは金箔を王水に溶かしたものだったのかもしれない。それなら銅が入っていてもおかしくない。テトラクロロ金酸の試薬でやってみよう)と思い立った。使用したのは、テトラクロロ金(Ⅲ)酸四水和物・関東化学・試薬特級である。白金線の先を丸め、そこに粉末を載せてガスバーナーの炎に入れてみた写真が下である。やはり緑色のきれいな炎色が現れた。ちなみに今回はカメラの高速連写機能を使って撮影してみた。おそらく金の炎色反応は緑色で間違いなさそうである。ご意見が頂ければ幸いです。

Tetorakururuau Au

|

« 金の炎色反応 | トップページ | 夕日、つつじ、野球の試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金の炎色反応 | トップページ | 夕日、つつじ、野球の試合 »