« 富山の日の出 | トップページ | 晩秋の風物詩 »

2013年11月23日 (土)

この1週間

ブログの更新を1週間近くしていない。元気なのだろうか?と思われる方もおられると思うので、この間の近況を少々。基本的に授業と科学部の日々である。授業は<科学と人間生活>で電子レンジと電磁波をやっていて、これがなかなか面白い。切れた電球や、蛍光灯が電子レンジの中で明るく点灯すること、金網がマイクロ波を防ぎ、電子レンジの中でコップの水に金網をかぶせておくと、作動させてもまったく水の温度が上がらないこと。墨汁で黒くした紙は電子レンジの中で発火すること、等々。一連の問題と実験を通じて、私の中でも可視光線、マイクロ波が波長の違う電磁波の仲間であること、その共通性と違いなどが、はっきりとイメージされるようになってきた。生徒の中からも、「ボールペンで黒くした紙は?」「マッキーは?」「シャープペンシルは?」といった意見が次々に出てきて、それを実験で確かめてといった具合に、皆で賢くなっているのが実感できる。同時に授業書も問題点も色々あることが分かり、改訂したくなってくる。授業について、やりたいことはたくさんあるのだが、時間は限られている。科学部については、放課後はほぼ実験室に入り浸りである。一緒に実験を楽しむというスタンスが大切なようで、この間色々な進展があった。金赤コロイドと硫黄の微細結晶、導電性竹炭シートは、確実に生成が可能になり、現在はその条件をきっちり整理している。12月23日の発表会での公開に向けて、追い込みの日々になる。<金の科学館>については、白金触媒の演示方法でとてもおおきな進展がいくつもあった。誰に見てもらっても、びっくりされ、持ち運びも耐久性も飛躍的に向上した。どのように世に送り出したらいいのか、不安になっている。ストレスはそれほどないのに、体調はよろしくない。運動不足が原因かなぁ。

|

« 富山の日の出 | トップページ | 晩秋の風物詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富山の日の出 | トップページ | 晩秋の風物詩 »