« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

講座<金と銀の不思議を探る>は定員が埋まりました

2月8日に、<金沢・海みらい図書館>で実施する講座<金と銀の不思議を探る>は「定員が埋まりました。」という連絡が入りました。申し込みがあるのか心配だったのですが、一安心です。参加していただく皆さんと、明日の夢を語れるような講座になるよう、科学部員と一緒に準備を進めていきたいと思います。申し込んでいただいた皆さん、ありがとうございます。当日をお楽しみに!!

| | コメント (2)

2014年1月28日 (火)

数値で考える金赤の発色

研究についてアンテナを張りめぐらしていると、色々な方から研究のアドバイスを頂ける。京都府立大学の石田先生からもアドバイスを頂けるようになったのだが、それもアンテナのおかげである。金赤研究のパワーポイントをお送りしたところ、<きちんと酸化剤、還元剤のモル(量的関係)を考察するべきだ>というアドバイスを頂いた。その後、調べたことが正しければ、金は3価の酸化剤で、ビタミンCは2価の還元剤として作用するので、金イオン1molに対して、ビタミンC1.5molで反応がつりあうことになる。更に、濃度が薄い分反応速度が遅くなることが予測でき、今日改めて実験に取り組んだ。そして、実験結果がそのようになったのが、とても面白い。林君、門寺君が私以上に色々推測出来るようになってきているのが、とてもいい。光電比色計で発色を数値化しているのもそうだが、これまで定性実験が多かった本校の研究に定量的な要素が入ってきている。なにやら、ややこしい話で申し訳ないのだが、面白いことになっているということが分かっていただければと思う。今日は、なにやら体調がとても悪いのだが、こういうことで元気をもらっている。

| | コメント (0)

2014年1月27日 (月)

映画、餅つき会、教材さがし

土曜日のことだが、山田洋二監督の最新作<小さいおうち>を観に出かけた。昨年秋に観た宮崎駿監督の<風たちぬ>と同じようなトーンを感じたが、厳しい時代の中、普通の庶民1人1人が真摯な思いを持って生きている(きた)のだということを、感じさせる清々しい映画だった。日曜日は、職場の同僚のY先生が中心になって企画している市内の福祉施設での餅つき会のお手伝いに出向いた。この会は卒業生が何人もお手伝いに来ていて、いろいろお話ができるのも楽しみである。今年で3回目ということでリラックスした雰囲気の中、楽しいひと時を過ごすことができた。続いていくものには何か大切なものがある。来年もお手伝いをさせて頂ければと思う。教材さがしというのはプラスチックのばねのことである。授業書<地球>の中で、地震波を実感するのにとてもいい教材なのだが、紛失してしまい、100均の店やおもちゃやを捜し回ってようやく見つけることができた。これで月曜日の授業が楽しめるかな。

Reinbo1

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

第69回居酒屋教研

金曜日のことになるが、69回目になる居酒屋教研が開かれた。金沢市内の私学3校の組合でやっているこの教研、年3回程度開催されているので、単純に計算しても33年も続いていることになる。今回の参加者は15名で、レポーターというか話題提供者が4名。全国的に組合活動が低調になる中、なぜこんなに続くのだろうか?この世話係をしていて思うのだが、①ここはリラックスして話せる場であることが一つ。②皆、聞いてみると面白いステキなエピソードを持っていて、それをお聞きする中から話題提供をお願いすること③参加の声掛けをまめに行うこと 等かな・・・。これは大変なこともあるけど、やりがいのあることだというのを毎回感じている。今回の4レポートはいずれも授業やクラスのお話で、日ごろ考えていることを草稿のような形で話してもらったのだが、皆でいろいろ意見を言っているうちに大切なことが見えてくることが面白かった。例えば、クラスで取り組んだ行事での盛り上がりは授業に向かうきっかけはなっても、持続性はないこと。授業が生徒にとっても我々にとっても充実したものになるためには、教師が真剣に授業に向き合うこと、ひたすら過去問を解くような授業では2次に対応できるような強い学力はつかないこと、多様な生徒が活躍する場が授業の中には必要であること、感動的な授業のヒントはこれまでの民間教育運動の蓄積の中に多くあることなどが、浮かんできた。今回のお話は2月22,23日の北陸私学研究会(北陸4県の私学組合が集う研究会)のベースとなる。充実した2時間で、この北陸私研が楽しみになった。

| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

他の人のいうことに耳を傾けることが、最も大切・・・

1月22日付け北陸中日新聞に、指揮者クラウディオ・アバドの訃報とともに、アバドの父が幼き日のアバドに語った「誰かと一緒に音楽をやるときには、自分がうまく弾けるとか、よい耳を持っているとかいうことはそれほど重要ではない。音楽においても日常生活においても、他の人の言うことに耳を傾けることが最も大切なのだ」という言葉が紹介されていた。最近、授業中に課題を出したとき、予想も聞かずに実験をしたり、解答を読んだりすることがよくあった。仮説の授業書などはよくできていて、生徒が考えたくなるような、その予想を聞いてみたら面白いような問題が並べられているのに、待ちきれない。この新聞記事を読み、そのことに思いが行った。今やっている<地球>の授業書で、意識して予想を聞いて回ったのだが、とてもおもしろく意見を紹介してもらっているうちに、どんどん雰囲気がよくなった。彼らを信頼し、一緒に問題を楽しむという姿勢が大切なのだなぁ。曲のクライマックスで、演奏する楽団員達が興奮のあまりにあげた雄叫びが聞こえるというアバドのレコード(ラベルのボレロ・ロンドン交響楽団)を聴いてみたくなった。

| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

地球爆発!

<科学と人間生活>の授業で活躍している青色の大きな風船の地球模型であるが、なんと爆発してしまった。いつもより大きめに膨らませてしまったためなのかもしれない。2時間続けて使った間の休み時間に、風船を置いてあった実験室からバン!という大きな音が聞こえ、びっくりして行って見ると、爆発して残骸に・・・・。小松サークルのN先生からお借りした物であり、これからも授業で活用するものなだけに至急、販売元である<仮説社>にメールで2個発注した。大きく膨らませた方が迫力はあるのだが、控えめにしておいた方が良かったかなぁ。N先生、新品で返しますので、ごめんなさい!

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

総力戦で金赤の研究

科学部の研究は、研究要旨の仕上がったグループから総力戦で金赤の研究のお手伝いをしている。<ビタミンCの濃度の下限はどのくらいか?><他の増粘多糖類には保護作用はあるのか?><PVAの重合度を変えたら、発色の程度や反応時間は変わるのか?><その発色の程度を吸光度と透過率で評価しよう>等々。こういう手伝いをして欲しいという指示は、この研究をやっている2人のうちの林君から他のメンバーに出され、もう一人の門寺君がその要旨をまとめるという分業になっている。、私は「PVAが無くなったので、買ってきて下さい」などという雑用係。あと要旨の直しもやっているど・・・・。こういうスタイルはこれまで無かったことなのだが、とてもいい。北信越の要旨提出は2月7日くらいだったかな?今度はポスターセッションになるのだが、2月中旬から2年生の学年末考査が始まるので、要旨提出と同時くらいにポスターの完成しないといけないことになる。これは厳しいスケジュールだなぁ。

Souryokusenn2Souryokusenn3_2







| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

エタノール蒸気を白金箔で燃やす

雑誌<理科教室>4月号(日本標準)に<白金箔を触媒とした化学実験>を書かせてもらうことになり、ようやくその原稿を仕上げたところである。色々実験をやり直してみたのだが、我ながら面白かったものに<白金箔でエタノール蒸気を燃やす>というものがある。エタノールでなくても、メタノールでもエーテルでも可燃性の気体が出るものならなんでもいいのだが、揮発しやすいものは危険かもしれない。ホットプレートの上に、ビーカーに入れたエタノールを置き、出てきた蒸気に加熱した白金箔をかざすだけなのである。白金箔は一度加熱すれば表面が活性化し、さめてもしばらくは効果が持続する。反応の様子は、白金箔が反応熱でオレンジ色に輝きとてもきれいである。<理科教室>に紹介されるのはサイズの小さい白黒写真なので、その様子をここで紹介する。白金箔の触媒作用を利用した実験はまだまだ開発途上であるが、皆さん、<理科教室4月号>をぜひご覧下さいね。

Photo

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

金赤コロイド発色の数値化

科学部の金赤コロイドの研究が北信越大会に進むことになり、昨年までなら息の抜けた時期が、そうできなくなった。まぁ、それはそれで充実してい楽しいのだが・・・。さて、年末に発表した研究について<発色の程度を光電比色計等で数値化したほうがいい>というアドバイスを、兵庫の米沢さんから頂いた。そこで実験室にあった比色計を引っ張り出してその実験をやっている。2学期の研究をほとんどやり直し、比色計で数値をだしているのだが、なかなか面白い。これまで感覚的に<濃くなった>などといっていたものが、光の透過率と吸光度で表すことができる。

下の写真を吸光度と透過率で表すと、

「kyuukoudotoukaritu.pdf」をダウンロード

となる。洗濯糊のPVAが金コロイドの保護コロイドになるイメージも、皆で色々書いて考えているが、どれが正しいのだろうか?うまくいかなくていやになることもあるハラハラドキドキの日々が続きそうだが、がんばりましょう。

21PhotoPhoto_2










| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

鉛のおもり

これも仮説実験授業の授業書<自由電子が見えたなら>。最後に出てくるのが、鉛のおもり2個をカッターで切って、押しつけ圧着するというもの。鉛のおもりが売られていないという話も聞いていて(あるのかなぁ・・)と心配だったのですが、ちゃんと釣具屋にありました。小さいおもりのほうがカッターで切りやすいのですが、押し付けるのは大きいほうが楽。なんとか皆さん、成功することができました。金属結合のイメージつくりにはいいけど、鉛で手が黒くなってしまうのは問題ですね。

Namari

| | コメント (0)

地球の模型

<科学と人間生活>で始めた<地球>の授業で活躍しているのが1.3mの地球の風船模型。これで1mmの高さと深さがエレベストと日本海溝。呼吸ができる空気のあるのも1mmというとイメージが膨らみますね。

Tikyuu

| | コメント (0)

降りました

雪がないなどと書いたら、一転して5cmの積雪。

Yuki

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

電気分解の白金電極

2年生の化学は電気分解をやっている。この電極に手で持てる白金箔(フィルム付きの箔を片側ラミネートしたもの)を使ってみた。箔の厚さが金箔の1.5倍の0.15μmしかないため、不安だったが、びっくりするくらいうまくいった。硫酸銅水溶液を電解してみたが、ご覧の通り、陰極に銅がきれいに析出した。極を逆転すると、これが溶けて反対の極に析出するのが面白い。ところが金電極はダメ。陰極もぼろぼろになってしまうのはどうしてないのか?これはこれで面白い。とにかくこの白金電極は作成のしやすさ、加工のしやすさ、使いやすさが抜群である。興味を持たれた方は連絡を下されば実費でおわけします。

Hakkinndennkyoku2Hakkinndennkyoku_2







| | コメント (1)

これが金沢の冬?

今日は授業のある土曜日。3年生は大学入試センター試験。1,2年生は午後から模擬試験の1日となる。さて、センター試験の時期の金沢は、雪のため交通の心配をするのが普通なのに、今年は全く雪がない。理科職員室から見える景色もご覧の通り。今週は晴れた日が続き、夜は満月がきれいだった。天気が良すぎて不安になってしまう位である。3年生の皆さん、頑張って下さいね!

Huyunokanazawa

| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

地球

<科学と人間生活>は地学分野に入り、仮説実験授業の授業書<地球>を使って授業を始めた。この授業では1000万分の1の大きさの地球模型(直径1.3m)を風船(バルーン)でつくる。小松サークルのMさんから風船を貸して頂いたが、この迫力がすごく、ドライヤーを使ってこれをふくらませていくだけで、雰囲気が盛り上がった。その後、山と海の凸凹がこの風船では1mm程度であること、息の出来る空気も1mmしかないこと等を考えていくのだが、次のプリントを読みたくて仕方がないという状態になって驚いた。これで4時間。その次は<宇宙への道>をやる予定。実験はないが、イメージが拡がる楽しい授業になりそうで楽しみである。

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

ぶなお山観察舎でかんじきハイク

土曜日、なんとなくいい天気だったので、一里野のブナオ山自然観察舎へ出かけてきました。ここ毎年天候を見て出かけているような気がします。今回も、観察舎に設置されている双眼鏡、望遠鏡で、インストラクターの方からのアドバイスを受けながら、イノシシやカモシカの群れを観察することができました。イノシシが9匹程、大きいのを先頭に列を作り、餌をあさっている様子等が見れて面白かったです。ここはかんじきハイクを無料で体験することができるのも魅力で、1時間ほど解説付きで雪の中を歩き回ってきました。案内をして頂いたインストラクターの皆さんありがとうございました。

Inosisi Kannziki

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

金赤コロイドの飲み物

どの研究もそうなのだが、金赤コロイドの研究もたくさんの先生からアドバイスを頂いている。兵庫仁川学院高校の米沢さんも貴重なアドバイザーの一人である。今回の研究でも発表のパワーポイントをお送りしたら、<金赤発色の度合いを、金赤の標準濃度液を作成しそれを比色計で測定して研究の基礎データにしてはどうか?>というアドバイスを頂いた。この標準液として思いついたのが、ファイテンという健康産業から発売されている金赤コロイドのドリンク剤である。この存在は、何年も前に千葉県の安房科学塾で教えて頂いていたのだが、入手することはなかった。ところが、金赤の研究が進むにつれて、これを入手したくなり先日ファイテンのホームページで注文して1本340円で入手していた。さて、この商品には3種類の金濃度のものがあるのだが、入手したのは2ppmのもので、標準液にするには少々色が薄かった。そこで5倍の濃度の10ppmも入手するjことにした。こちらは1本840円である。(また送料がかかるなぁ・・)と思っていたところ、先日、ファイテンショップの看板を家の近くで見つけたことを思い出した。早速、行っていってみたところ、その商品があり、なんと販売していたのが卒業生!。「せんせい!」と声をかけられてしまった。世間は狭いなぁ。さて色の濃い10ppmのほうは10mgが1L(1000.000mg)に溶けていることになる。これは金箔1/3枚(0.01g=10mg)を1Lに溶かせばいいことになる。これまでの実験の結果ではちょうどそれくらいの濃度で10ppmの方と同程度の色が出ているような気がするので、比較してみれば面白いと思う。検量線もきちっと引けるようになるかな。とにかく米沢さんに色々アドバイスを頂いたことで研究が進みそうである。明日科学部で皆と相談してみよう。
Kinnakadorinku

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

100YENショップで名刺入れ探し

白金箔の触媒作用で水素を爆発、燃焼させるときに、白金箔を収納する入れ物として、100YENショップで売られている金属製名刺入れがとてもいい。特にアルミ製で15枚ほど名刺がはいるサイズのものがコンパクトで軽く具合がいい。昨年末にそれに気づいて以来、すでに50個以上キットに加工して科学部の研究等に活用してきた。今後、多くの方に使って頂けるように実費でお分けすることを考えているが、この名刺入れが100YENショップで見つからなくなってきた。すでに製造が中止されている商品のようで、取り寄せてもらうこともできない。そこで、あちこちの100YENショップを探し歩いている。昨日も小松のサークルの行き帰りに4軒のお店を探してみたが、見つかったのはわずか1個!もし、これを探せる方がおられましたらよろしくお願いします。

Hakkinn1 Meisiire

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

電子レンジの実験を宿題に出してみました

冬休みの宿題として<電子レンジで何か実験をやってください>というものを出してみた。これが中々面白かった。提出されたものはすべてそのクラスで読み上げたのだが、<これをやってみよう!>というワクワク感が伝わってくるものが面白いということがよくわかった。読んでいて面白かったものとしては、

・ぎんなんをチンすると爆発する。

・マシュマロをチンすると大きくふくらんでからビチャビチャになる。

・せっけんをチンすると、だんだんと生クリームのようになって最後はレンジいっぱいが泡で埋め尽くされた。

等々がある。最後のは提出されたものを貼付するが、レンジの中が泡だらけになって叱られたのではないかなぁ・・・。こういうので楽しくサイエンス!の雰囲気が拡がっていけばいいなぁと思う。

Dennsirennzi1_2

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

海みらい図書館で講座<金と銀の不思議を探る>をやります。

2月8日の土曜日、金沢海みらい図書館を会場に、<金と銀の不思議を探る>副題「伝統工芸を科学する」をやります。科学部員も2名ほどいっしょにやります。対象は小学校5年生以上、大人まで。1月28日から参加申し込みを海みらい図書館で受け付けます。金属を楽しむ実験とお話のあと、新開発の手で持てる金銀白金箔を使ってラミネートカードをつくり、A4判元素のサンプル付き周期表も作って、持ち帰っていただきます。実施要項チラシを作成して頂きましたので、貼付します。定員は20名程で参加費は無料ですので、希望される方はお早めに申し込まれて下さい。

「kintogin.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

皆で一緒に金赤の研究

今週から科学部がスタートし、それぞれのグループが12月23日の発表会の要旨をまとめる作業に取り組んでいる。しかし、同時に3月8日の北信越大会、7月末の全国大会に向けて金赤コロイドのグループは研究を進めることになるが、ここから先の研究は科学部全体のグループ研究として進めていきたい。大切にしたいのは、賞を取ることではなく皆さんに金赤コロイドの発色を確実に楽しんでもらえるものにすること。それをチームワークでやっていくことである。データ収集の迷路に落ち込まないよう気をつけたい。楽しくなければ研究ではないのである。と、妙に力が入る今日この頃です。

| | コメント (0)

2014年1月 5日 (日)

霜降り肉

昨年末、とある会の忘年会のビンゴで霜降り肉なるものをゲットした。普段は絶対に買わないような100g2千円以上の品である。大いに期待して、帰省中の子どもたちと一緒にすき焼きで頂いた。ところがそんなに多い量ではなかったのに終盤になっても鍋の中から肉の姿が消えない。うどんすきにしたら、鍋の中のうどんには箸がのびず、ザルうどんが大人気となった。つまり脂っこいのである。牛肉は普段食べているような安い赤身が、健康的にも味的にも懐的にもいいということで意見が一致した。なんで霜降り肉がもてはやされるのかなぁ?

Simohuri

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

仕事始め

本校も今日から仕事始め。定時に登校し、昨年末の出張報告やら今年度の出張願いやら、書類の作成に追われた。今年は2月早々に富山県の高校での講座、北陸私学研究会での授業分科会のコーディネート、3月に北信越での科学部発表会、海みらい図書館での講座(予定)、7月末の全国総文(茨城)、8月初旬・愛知からの修学旅行対象の講座、等々が予定されている。富山の高校からは昨年に引き続いて依頼がきたもので、昨年が好評だったのかな?と思うととても嬉しい。どれも科学部の活動と授業がベースの活動であり、部員の皆さんとの共同作業が多くなるが、とても楽しみである。皆さんよろしくお願いします。そうやって色々やっているうちに、今日は学校の方に卒業生が3人来訪してくれた。薬品メーカーで製品開発の研究職についているKAWAHRさんは11年前の卒業生だが、「高校の化学の授業が楽しくてこの道に進みました」と言ってもらえて(お世辞でも)とても嬉しかった。授業も部活も楽しい一時の積み重ねにできるようがんばりたい。ということで火曜から始まる授業の準備もなんとか終了し、明日は少々遠出となる。いい天気になりますように。

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

初詣

元旦は寝込んでしまい、初詣に行けなかったので昨年に続き、3日の初詣になりました。行き先は今年も大乗寺です。今年は散歩がてらに孫が一緒についてきました。1時間半ほどの散策でしたが、木の実や葉っぱに興味津々で、しっかり歩いてくれました。しかし、雪がまったくない初詣はどうにもおかしいですね。温暖化とはいえ変化の速度が速すぎます。自然的にも社会的にも穏やかで安心してくらせる環境を残しておいてあげたいと思います。まだまだ年寄りにもできることはたくさんありそうですね。

Hatumoude

| | コメント (0)

卒業生(2003年卒)来訪

10年前(2003年卒業)の卒業生が3人、自宅へ遊びに来てくれました。3人とも私が担任していたクラスのメンバーです。そのうちHAMAD君とNISさんからは昨年末から「会えますか?」というお尋ねがきていたので、てっきり(2人の結婚の報告かな?)と思っていたのですが、単に同じクラスだったTONAM君も一緒に遊びに来ただけでした。しかし10年はあっという間ですね。皆元気に頑張っているようで楽しい一時でした。また久しぶりに同窓会をやろうということになりましたが、もし同期でこのブログを見ている人がいたらよろしくね。

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

プリントゴッコのランプやーい!

安房塾で岩手の岩間さんが、原発事故でウラン燃料のジルコニウム被覆管から水素が発生する実験をマグネシウムで代用し演示されていて、とても興味深かった。金属ジルコニウムは入手しづらいと思われているが、実はプリントゴッコのランプにはジルコニウムが使われている。プリントゴッコは我が家でも年賀状作成に活躍し一世を風靡したが、今はパソコンに代替わりしてしまった。さて、<岩間さんの実験をジルコニウムそのものでできればいい。プリントゴッコのランプを入手して実験してみよう>と思い、ネットで検索して驚いた。プリントゴッコは本体、部品ともすでに製造が終了しており、ランプは定価980円(10個)だったものが9800円!なんと10倍の高値で売買されているのである。これでは買えないと思っていたら、「家にとってあるよ。捨てようかと思ったけどそのままになっている。」と妻が言うではないか。指定の場所を探してみると、ありました!昔懐かしいプリントゴッコのセットの中に、ランプが4個ありました。さて実験に使ってみようと思うが1個千円かぁ・・・。もう少しとっておいたら1万円になったりして。もっととっておいたら鑑定団に出品できたりして・・・10万円!!などとあさましく考えてしまった。まぁ、実験としては竹内金属からジルコニウム箔を購入すればいいのだけれど、もし<プリントゴッコのランプを持っているよ>という方がおられたら、タダとはいいませんのでご一報よろしくお願いします。

Purinntogokko

| | コメント (0)

おせちとお屠蘇

なにも食べないで寝込んでしまった情けない元旦になってしまったが、今日は回復し、おせちとお屠蘇を頂けた。今年のお屠蘇は年末の安房塾で岩手の高橋さんから頂いた展勝桜。岩手の科教協大会のときに高橋さんから教えてもらい、一升瓶と4号瓶を買ってきたお気に入りのお酒である。やりたいことがたくさんあり、お酒で時間と体調を消耗するのはもったいないので、控えめに頂いた。今から温泉に行って、<科学部の研究><授業><金の科学館>のあれこれをやって、小松のお墓参りに行って・・・と忙しい一日になりそうだ。

Oseti

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

ブログを読んで下さっている皆さん、明けましておめでとうございます。我が家は3人の子供達とそのつれあい、孫2人総勢9人のにぎやかなお正月です。ところが私は、昨年末の連続大宴会の疲れが出たのか、昨日、娘が持ってきてくれたバターサンドをたくさん食べたせいか、元日早々38度の発熱をしてしまいました。バターサンドが悪いのではなく、バターや生クリームを食べると発熱するという体質なのに、大晦日にもお酒を飲んだ勢いで、そんなものをえいっと食べてしまったのです。一日寝ていて、なんとか7度4分まで下がりこのブログを書いています。明日は大丈夫かなぁ・・・・。

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »