« 金赤コロイド発色の数値化 | トップページ | 総力戦で金赤の研究 »

2014年1月22日 (水)

エタノール蒸気を白金箔で燃やす

雑誌<理科教室>4月号(日本標準)に<白金箔を触媒とした化学実験>を書かせてもらうことになり、ようやくその原稿を仕上げたところである。色々実験をやり直してみたのだが、我ながら面白かったものに<白金箔でエタノール蒸気を燃やす>というものがある。エタノールでなくても、メタノールでもエーテルでも可燃性の気体が出るものならなんでもいいのだが、揮発しやすいものは危険かもしれない。ホットプレートの上に、ビーカーに入れたエタノールを置き、出てきた蒸気に加熱した白金箔をかざすだけなのである。白金箔は一度加熱すれば表面が活性化し、さめてもしばらくは効果が持続する。反応の様子は、白金箔が反応熱でオレンジ色に輝きとてもきれいである。<理科教室>に紹介されるのはサイズの小さい白黒写真なので、その様子をここで紹介する。白金箔の触媒作用を利用した実験はまだまだ開発途上であるが、皆さん、<理科教室4月号>をぜひご覧下さいね。

Photo

|

« 金赤コロイド発色の数値化 | トップページ | 総力戦で金赤の研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金赤コロイド発色の数値化 | トップページ | 総力戦で金赤の研究 »