« 作成の様子の写真です | トップページ | 庭の岩ツツジ »

2014年4月19日 (土)

金・ニセ金・銀・白金箔ラミネートを確実につくれるシート完成!

しばらく前の記事で公開をストップしていたのですが、改めて公開することにします。授業や各種ものつくり講座で人気の<金・ニセ金・銀・白金ラミネートパック>ですが、これまでは、市販の<兼六箔>というポリエステルフィルムに静電気で箔を貼り付けた物を使っていました。ところはこれは箔がはがれやすく、きれいにラミネートするのが難しかったのです。きれいに完成できないとイヤになってしまいます。以前から、箔をはさみで好きな形に切ることが出来て、確実にラミネートできるような金銀箔があればいなと思っていました。群馬県の<たくみの里>で、観光客が木の実などでオリジナルな作品作りを楽しんでいるのを見て、ますますその思いを強くしたのですが、そのシートの作成が今日ついにうまくいきました。このシートは①両面を手で持つことが出来(扱いが容易)、②金箔の青い透過光がきれいに見え、③導電性が確かめられ、④好きな形にはさみで切ることができ、⑤王水で溶かしたりする実験にも好きなだけ切って使えるスグレモノの金箔(ニセ金箔・銀箔・白金箔)シートです。最後の写真のようなハート、スペード、クラブ、ダイヤの形にシートを切り抜いてラミネートするのに10分もかかりません。金箔を扱いはじめて30年でたどり着いた一つの形です。これで確実にラミネートパックを楽しんでもらえるようになると思うと、うれしくてたまらず、あちこちでしゃべって(自慢して?)回りました。詳しい作り方はここでは紹介しませんが、勘の鋭い人というか、面白さが分かって<作りたい>と思った人は、用途の紹介だけで作り方にたどり着くでしょうね。これを公開することにしたのは、同じことが出来る金箔が別の用途で金箔屋さんで作られており、今回、銀、ニセ金、白金箔も含め、受注で作っていただけるようになったからです。詳しい入手方法や値段等はまた紹介します。

Kinnnisekinn1Kinnnisekinn4_2Kinnnisekinn5

















|

« 作成の様子の写真です | トップページ | 庭の岩ツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作成の様子の写真です | トップページ | 庭の岩ツツジ »