« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

秋の遠足

昨年度は、天候にめぐまれず実施されなかった秋の遠足。今年も先週の予定だったのだが、悪天候で今日に延期されていた。遠足は大好きなので、ずっと天気が気になっていたのだが、予報通り絶好の遠足日和に恵まれた。私は2年生に同行して辰口丘陵公園へ。途中までバスで移動して、そこから約4kmを歩いた。2年生は4クラスも授業を受け持っているので顔見知りの生徒も多く、道中も色々お話ができて楽しかった。さて、この遠足には、個人的に密かな楽しみも抱いていた。秋も真っ盛りといえば、ムカゴである。(きっとあるに違いない。採れたら目的地へ着いてから、塩湯でしてみんなで食べようっと・・・)と考えリュックの中に、携帯コンロやなべを忍ばせていたのである。さて道々、山肌に目を配ると、あるある!ハート型の黄色い蔓があちこちに目についた。そしてしばしば大きなムカゴがついている。となるともう心が騒いでどうにもならない。わずかなタイミングをみて蔓に手を伸ばし、手にしたポリ袋に入れていった。合間を縫ってのことなのでたいした量は採れなかったが、お弁当を食べながら引率の先生方や生徒達とほくほくの塩ゆでムカゴを楽しめた。さて程なくして、メールの着信音が入り(何かな?)と思って開いてみると<山芋のつるを引きずり下ろしている所、目撃!>と書かれた、妻からのもの。向こうは小松の実家へ畑仕事にいく道中で、偶然遠足の列からムカゴに夢中になっているアホな夫を見かけたらしい。生徒達も楽しそうで、皆さんのんびりした秋の一日を過ごすことができた。

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

石川県高等学校理化教育研究大会で発表してきました

昨日は、石川県高等学校理化教育研究大会で<金と銀の不思議を探る>というタイトルでレポート報告をしてきました。この研究会は官制の研究会ですが、30年以上前に<金の科学>の実践を報告させていただいて以来、4、5回目で、これが最後になると思います。参加者は少なかったものの若い先生方が多く参加されており、頼もしく感じました。それなりのメッセージを送れたかなぁ。これまでも色々勉強させていただきました。お世話していただいた皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

ファラデーラボで<金の化学>をお話してきました

先日の土日のことですが、兵庫県加古川市にあるファラデーラボへ行き、<金のかがく>という講座をやらせて頂きました。ファラデーラボは元高校の物理の教員であった森本雄一さんが、3年前に始められた科学を楽しく学ぶ私設かがく研究所で、ここを訪問させて頂くのは、一昨年に続いて2回目です。今回は<金沢・金の科学館>の開設に向けて色々アドバイスを頂ければと思い、訪問をお願いしたところ、このような講座もやらせて頂くことになりました。台風19号との関係で、やれるかどうか不安だったのですが、台風がどんどん遅くなってくれて、なんとかやることができました。その台風がくるという状況の中、15人もの参加者があったのには驚きました。ファラデーラボがここに集まられる皆さんにとって掛け替えのない場所になっているのだなということが感じられました。1時間半、時間を頂き、金や銀の実験を色々紹介させていただいたのですが、喜んでいただけたようで、嬉しかったです。森本さんとも、前日の夜中2時半まで色々とお話できてよかったです。今度はぜひ金の科学館でお話していただきたいと思いました。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »