« 安房科学塾に参加してきました | トップページ | 雪のお正月 »

2014年12月31日 (水)

この一年を振り返って

あっというまに大晦日。何とかここまでこれたことに感謝し、1年間の10大ニュース+αを順位をつけずに時間軸で振り返ってみたいと思います。

1月:長女と一緒に3人で、厳冬の乗鞍高原、上高地スノーハイキングをやりました。これを皮切りに、近場の山を中心に自然に親しむことができました。

2月:うみ未来図書館で、講座「金と銀の不思議を探る」、富山県入善高校で2年続けて自然科学コース生徒対象の講座をやらせて頂きました。どちらも好評でほっとしました。

3月:科学部の研究『金赤コロイド発色を1分間で観察する方法』が北信越大会で優秀賞を受賞することができました。発表した二人はすごく頑張りましたが、本当にたくさんの方のお世話になりました。

4月:新入部員4人を迎え、新しい科学部がスタートすることができました。

7月:科学部が茨城全国総合文化祭に参加しました。入賞は出来ませんでしたが、発表した二人は本当によくがんばり、色々な発見とともに成長したイベントになりました。

8月:愛知淑徳中学高校の生徒さん80名が理科旅行ということで金沢に来られ、部員達と一緒に「金と銀の不思議を探る」の講座とものつくり、犀川での砂金掘り体験、金沢大学 での砂金の分析と観察というコースを体験して頂きました。喜んで頂けたようで良かった です。

・子ども達が還暦祝いの会を開いてくれました。

9月:御嶽山が噴火した日、この山に登る計画を立てていました。野球が準決勝に進み、その応援に行くことにしたため、災禍に巻き込まれることはなかったのですが、たくさんの方が被災されました。5つのプレートがひしめき合うこの国は、いつでもどこでもそれらのエネルギーの放出に伴う災害に巻き込まれる可能性があることを痛感させられた惨事でした。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

10月:友人に「体操するといいよ!」と進められ毎朝6時25分からテレビ体操をやるようになりました。それが日課になり、ほとんど毎日続けていますが、体調が良くなったような気がします。継続した運動はとても大切なことを実感しました。

12月:愛知県の私学13高校の先生が、<金沢・金の科学館>の講座に来沢されました。科学部6名が4つの研究を県の化学研究発表会で報告しました。皆、満足出来るものになりよかったです。

3人目の孫が無事誕生しました。初めての女の子で花ちゃんといいます。元気に育って欲しいと思います。

この他、白金箔の触媒作用について、<理科教室4月号><リカタン夏号><たのしい授業6月号>に、新開発となる片面コート箔を用いた化学実験について<リカタン秋号>に発表することができました。これらについては、夏の科教協大会や、安房科学塾、科教協北陸ブロックの夏合宿と冬の研究会、小松たのしい授業研究会の例会で発表し、たくさんのアドバイスを頂くことが出来ました。来年はもっとたくさんの方々に楽しんで頂けるよう、これらを用いた実験の開発と紹介、普及活動を続けていきたいと思います。

3月で定年を迎えますが、もう少し授業は続けようかなと思っています。<金沢・金の科学館>はすでに活動を開始していますが、8月に小松ギャラリー&工房をオープンし、本格活動を開始(模索?)する予定です。

この一年、本当にたくさんの方にお世話になりました。皆さん、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

|

« 安房科学塾に参加してきました | トップページ | 雪のお正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安房科学塾に参加してきました | トップページ | 雪のお正月 »