« 孔雀石から融銅の眩めき、そして中から・・・ | トップページ | 春を探して・・・ »

2016年3月15日 (火)

出てこい銀色の金属!(菱マンガン鉱で吹管分析)

孔雀石から見事に銅が取り出せたことに味をしめ、、今度はきれいな鉱石から銀色の金属を取り出そうと、菱マンガン鉱(インカローズ・MnCO3)にチャレンジしてみました。土日と近所の天然石ショップ<ミュゼいずみ>に入り浸って、いろいろ教えて頂きましたが、このお店は興味深い石がいっぱいあって楽しかったです。インカローズは写真のサイズで150円ほどですので、手ごろです。さて、期待を込めて、この石を加熱し、吹管で吹いてみたのですが、明るい光球は輝いたものの、銀色の金属は出てこず、黒い粉末だけで残念でした。二酸化マンガンになっているのかも?と思い、オキシドールをかけてみたところ、シュワシュワと泡がでてきたので多分そうでしょう。マンガンは酸化しやすいからなのかな?萠出さんからは、「銀色の金属を取り出すなら方鉛鉱がいいよ」というアドバイスを頂いています。しかし、方鉛鉱は鉱石そのものが銀色で少々残念なのです。でも、次はこれをやってみることにします。

0Photo234









|

« 孔雀石から融銅の眩めき、そして中から・・・ | トップページ | 春を探して・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孔雀石から融銅の眩めき、そして中から・・・ | トップページ | 春を探して・・・ »