« 郷土誌コーナーにありました! | トップページ | 鳥よけネットを張りました »

2016年6月10日 (金)

<宮沢賢治・実験でたどるサイエンスファンタジーの世界>第4回<インドラの網>

<宮沢賢治・実験でたどるサイエンスファンタジーの世界>第4回<インドラの網>が無事終わりました。ここに描かれているのは、華厳経の不思議?な世界です。今回もいろいろ実験を楽しみましたが、その一つが鳴き砂の実験です。参加者の1人、小西正位さんが、門前、剱地の方で、住んでおられる近くに琴ヶ浜という鳴き砂の浜があり、その砂をわざわざ持ってきて下さったのです。

<インドラの網>には
・・・まもなく私はまっ白な石英の砂とその向こうに音なく湛える
本当の水とを見ました。砂がきしきし鳴りました。私はそれをひとつまみとって空の微光に調べました。すきとおる複六方錐の粒だったのです・・・・...
 という表現が出てきます。これを試して見ました。最初の写真、右が鳴き砂で、左は鳴かない普通の砂です。次の写真が鳴き砂の拡大像で、その次の鳴かない砂に比べ、透明の石英が多いのが分かります。乳鉢に入れて、乳棒でついてみると、鳴き砂は見事にきゅっ、きゅっという音がして歓声があがりました。小西さん、ありがとうございました。
 他にも賢治が、太陽に例えた鉄の融解実験、過冷却、ろうそくのスペクトル等々をやってみました。少しは賢治の描いた世界が実感できたかな?
 これで4回の講座は一応ひと区切りです。私にとって、ものすごく刺激的な時間になりました。賢治像が全く変わったというか、ようやく、彼が何を描こうとしていたのか理解できてきたような気がします。最初の会から朗読をして下さった神田洋子さんによれば、この講座で扱ってきた<真空溶媒><アンネリダタンツェーリン><丸善階上喫煙室小景><チュウリップの幻術><インドラの網>などは、普通の賢治の読書会ではまず扱われない作品とのことでした。どれもサイエンスが一杯で、難解な為、敬遠されるのかもしれません。でもそこから賢治の伝えたかったことが、見えてきたのですから、取り上げた意味があったとしておきましょう。参加して頂いた皆さん、ありがとうございました。また形を変えてやりましょうね。

第4回講座の資料を添付します。よろしければごらんください。

なお、鳴き砂の動画をfacebookにアップしました。だれでも見ることの出来る設定ですので、こちらもごらんください。

Imgp7374Imgp7367Imgp7371

「indorakaisetu.docx」をダウンロード













|

« 郷土誌コーナーにありました! | トップページ | 鳥よけネットを張りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郷土誌コーナーにありました! | トップページ | 鳥よけネットを張りました »