« 増補版「宮沢賢治・サイエンスファンタジーの世界」を入稿しました | トップページ | 有機、無機混合肥料と、有機肥料のみとで比較 »

2016年11月13日 (日)

「金と金属の授業をめぐって その2」

11月11日、「金と金属の授業をめぐって その2」というタイトルで約1時間半、金沢市の中学校理科の先生方にお話させて頂きました。30年前に同じタイトルでお話させて頂いたので、今回は・その2なのです。会場校の校長先生が「先生のお話を聞かせて頂くのは4回目です」といっておられましたが、本当にあっという間の30年ですね。そうやってやってこれたのは色々な方のおかげで、とても幸せなことだったのだと思います。今回はパワーポイントは使わず、実物中心で、本物の金とニセ物の金、銀と白金の見分け方という定番の実験などを紹介していきました。本物は頼りになりますね。<美しいものをみようよ>ということで、最後は宮沢賢治のお話でしたが、細川理衣さんの原画に「うゎーきれい!!」という感嘆の声があがったのがうれしかったです。お世話頂いた先生方、ありがとうございました。また30年後にその3をやらせて下さい(笑)。

Imgp0934Imgp0938Imgp0939



|

« 増補版「宮沢賢治・サイエンスファンタジーの世界」を入稿しました | トップページ | 有機、無機混合肥料と、有機肥料のみとで比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増補版「宮沢賢治・サイエンスファンタジーの世界」を入稿しました | トップページ | 有機、無機混合肥料と、有機肥料のみとで比較 »