« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月27日 (火)

北上市で賢治講座が終わりました

北上市での賢治講座。たくさんの方に参加で 皆さんの熱気が伝わり、あっという間の2時間でした。素晴らしい感想がたくさん頂け、もう言葉もありません。賢治の弟の清六さんのお孫さん、宮澤和樹さんと奥様のやよいさんも参加され、講座後にたくさんお話しできたことがうれしかったです。お世話頂いた高橋匡之さんと奥様、岩手科教協の皆さんありがとうございました。4日連続の楽しい宴会と前後の講座で心地よい疲労感・・・。さて金沢に帰ります。
4689














| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

釜石東中学での授業

岩手を旅行中の今日は釜石東中学で「金と銀の不思議を探る」の授業をやらせてもらいました。東日本大震災で、津波被害から全員が助かり、釜石の奇跡といわれた学校です。新校舎、新実験室。最初は「あんた誰??」って感じ?で固い雰囲気でしたが、すぐに打ち解け、楽しく授業できてよかったです。お世話いただいたS先生、ありがとうございました。リラックスして今は北リアス線に乗っています。これから大学時代の友人たちと合流予定。
23





| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

「金銀銅の不思議を探る」「賢治4版」が出来ました

納品を楽しみにしていた「金銀銅の不思議を探る」(¥1200)と「実験で楽しむ宮沢賢治・第4版」(\1500)が今日届きました。きれいな仕上がりに驚きました。<金沢・金の科学館 刊>は「金沢のルーツ・砂金を探せ!」に続き3冊目になりますが、想いが形になっていくのはとてもうれしいです。賢治のは、内容が変わってくのですみません。賢治の作品もそうだったということでお許しを!こういうのは爆発的には売れないなぁ(笑)。まぁ手渡しできる範囲で十分です。ご希望の方にはお送りしますので連絡をお願いします。これは岩手の講座へ早速持って行く予定です。
P62005120





| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

岩手で「宮沢賢治講座」

来週は大学時代の友人達と岩手を旅する計画を立てています。せっかくなので「岩手で何か講座ができないかな?」と、岩手県の研究仲間(高橋匡之さん)に相談したところ、あっという間にその機会を設定して頂けました。岩手科教協主催です。内容は「実験で楽しむ宮沢賢治・サイエンスファンタジーの世界」。(名前が大きくて少々恥ずかしいですが)ステキなチラシも作成して頂きました。賢治の故郷・岩手(イーハトーブ)で、賢治講座ができることはとてもとてもうれしいです。この機会に東北方面の方とお会いできるかな?最近、いろいろなところで講座をさせて頂く機会が増え、皆さんが実験を楽しんでおられる様子を(意識的に)フェイスブックで紹介させて頂いています。中学・高校の同級生、県内や全国の研究仲間、等々ほんとうにたくさんの方がその場を設定してくださいました。ありがとうございます。学校現場は多忙で、実験も満足にできない状況がありますが、生実験を通じてお送り出来るメッセージをこれからも、お伝えしていければと思います。
Thumb


| | コメント (0)

地域の集いで宮沢賢治

今日は、「サロン長坂」という私の住んでいる地域の集いで「宮沢賢治サイエンスファンタジー」講座をやらせて頂きました。4年連続でなにか担当させて頂き、楽しみにして頂いている方もおられるようでうれしいです。先日の授業の流れがとても良かったので、今回は「賢治の星めぐりの歌のオルゴール」に続き「どっちが本物の水晶?」から入ってみました。パワーポイントが故障し、細川理衣さんの原画と木越あいさんのグラスを手に取って紙芝居や人形劇のようにお話を展開していったのですが、それが尚更よかったようです。「楽しかった--!」「こんな勉強だとあっという間に時間が経つね-!」とかうれしい感想を頂けました。本当にあっという間の2時間でした。来年は「豆腐と温泉の科学」かな?御世話頂いた皆さん、ありがとうございました。
Nagasaka1_2


| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

石川県民大学校で「金と銀」

石川県民大学・開放講座という場で「金と銀の不思議を探る」をやらせて頂きました。「金と銀のサイエンスを生で楽しみましょう」ということでパワーポイントは使わず、実験とお話の2時間でした。熱心に聞いて頂く雰囲気が伝わってきて、こちらも超ハイテンションになってしまいました。皆さんに了承を頂き、写真公開しますが、雰囲気が伝わるでしょうか?この講座は希望者の個人研究へとつながるのですが、さてどうなるかな?皆さん、ありがとうございました。余韻でまだ熱いデス(笑)。
Kennminn1


| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

侵入者対策?

キャベツとサニーレタスの収穫が終わり、ネットも外しました。苗一つ80円位で買って、いくつ採れたかなあ。でも美味しかったです。ありがとうね。ネットは早速、スイカとメロンのほうに移っていただきました。侵入者対策で、畑がだんだん要塞のようになっていきます。ごっこ遊びが好きだった子どものなれの果てとしては楽しいのですが、相変わらずカラスのひと揺すりで落城しそう・・・。
Hatake2


| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

ビワで杏仁の香り

我が家のビワが実をつけてきました。で、前から気になっていたビワの仁で杏仁の香りがするかを試してみました。実を美味しく頂いてから種を取り出し・・・、あとはいつもの手順でお湯を注ぐと、フワーンと杏仁の香りが漂いました。とってもうれしい!でもなんで(ビワでいけるかな?)って思ったか忘れてしまった。で、調べてみたら杏仁の香りの元にもなるアミグダリン (amygdalin) は、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、アーモンド (ハタンキョウ) 、ビワなどのバラ科サクラ属植物の未熟果実の種子にある仁<じん>に多く含まれる。というのがありました。
こんなのを調べたのが意識に残ってたのかな?さらに
『果肉を用いずにビワの種子のみを使ったビワ種酒は、杏仁に共通する芳香を持ち、通の間で好まれる』とありました。さらに、『葉はアミグダリンやクエン酸などを多く含み、乾燥させてビワ茶とされる他・・・・アミグダリンは胃腸で分解されると猛毒である青酸を発生する』というのもありました。
(ビワの葉も杏仁の匂いがするのでは?)と思い試して見たけどこちらはダメ。ビワってすごい。
Biwa2Biwa1Biwa3








| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

毒もみのすきな署長さん

昨日も一昨日も一日10時間、ここしばらくは憑かれたようにパソコンに向かい、昨日「宮沢賢治サイエンスファンタジー・第4版」と「実験で楽しむ金属のサイエンス・金銀銅の不思議を探る」を入稿することができました。賢治4版には<毒もみの好きな署長さん>のお話と細川理衣さんのすばらしい挿絵が加わりました。このお話は、実験に対する私の思いを込めたもので、どうしても入れたかったのです。「金銀銅・・・」は当初予定よりページが増えてA4版48P(¥1200)になり、ここ半年の新実験をすべて盛り込めました。目が開かなくなるくらい疲れましたが、仕上がりがとても楽しみです。6月20日納品予定。お楽しみに!
A


| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

誰の仕業?

畑では、これまで食べられることのなかった未熟スイカや茄子までが何者かにつつかれていてビックリ! 我が家のが美味しいのか、むこうさんの食料事情が変わったのか??あんたたちに食べさせるために作っているんじゃあないよ!

Suika


| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

苦扁桃の香り、やーい!

欲しくてたまらなかったビターアーモンドつまり苦扁桃が売られているサイトを見つけました。そのコピーには『シチリアで育った上質のアーモンド。杏仁豆腐に似た香りがするビタータイプ』とありました。ついに賢治のいう「そこからかすかな苦扁桃の匂いがくる・・」の苦扁桃が手に入りそうなのです!!舞い上がって即発注し、昨日届きました。ところが、つぶしてエタノールを注いでも全然、杏仁の匂いがしてきません。これは看板に偽りあり!!(怒)。調べたところ、輸入食品安全対策室から各検疫所にあてた文書に「天然にシアン化合物を含有することが知られている食品及びその加工品については、10ppmを超えてシアン化合物を検出した場合にあっては食品衛生法第6条違反として措置すること。<主な食品>亜麻の実、杏子の種子、梅の種子、ビターアーモンド』とありました。やっぱり杏仁の香りのするビターアーモンドは輸入では手に入れられないようですね。だとすると栽培するしかない?それって適法??まぁ、当面は杏子の種で楽しむことにします。ところでこのアーモンド、おつまみとしては苦くって香ばしくってとっても美味しいです。だから、ま、いいか(笑)。
Photo


| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »