« 畑を頑張りました | トップページ | 「銀河鉄道の夜」で「実験で楽しむ宮沢賢治の世界」 »

2017年9月 1日 (金)

虹の色ができる秘密

2学期最初の授業(2コマ)は「虹の色ができる秘密」をやりました。フラスコに水を入れて虹の水滴に見立て、太陽を背に動かしていくと赤や黄色の光がフラスコの底に現れるのです。虹ビーズというプラスチック球や大きなガラス球でもやりました。ベースは仮説実験授業の「虹と光」で1学期からの継続です。天気予報に反して授業の直前に日が差し、グランドに出て皆で実験を楽しめてよかったです。教室の外の授業は開放感がいいですね。その後実験室に戻り、CD板でみるろうそくの虹。手作り分光器で見る蛍光灯の虹を班ごとに楽しみました。授業が終わると疲れて写真を撮りなおす元気がないので、写真は以前のものです。さて、今朝になって(フラスコでなくて冷酒セットでも虹ができないかな?)と思って試したら、小さな虹がふすまに写ってうれしかったです。家でも自分で色々試せるといいですね。
Photo P9010499_2 P9010503

|

« 畑を頑張りました | トップページ | 「銀河鉄道の夜」で「実験で楽しむ宮沢賢治の世界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 畑を頑張りました | トップページ | 「銀河鉄道の夜」で「実験で楽しむ宮沢賢治の世界」 »