« 初めての屋根雪おろし | トップページ | 講座「宇宙の時間と空間の中で私たちはどこにいるの?」が無事終了 »

2018年3月13日 (火)

浮上する地球儀を新規購入しました。

学年末考査も終わり、授業もあと3時間。宇宙の分野に入りました。賢治講座にも使える磁力で浮上する地球儀(新規購入)が活躍してくれました。実験室にセットしておくと、皆さん「うわーっ!」という感じで、浮いているところに手を入れたりして楽しんでくれました。14cmの地球儀ですが、このサイズだとエベレストもマリアナ海溝も0.1mm。空気は0.5mm、海水は平均で0.04mm。薄い薄い地球環境の大切さが実感できる「宇宙への道」(仮説実験授業授業書)の展開はステキです。
28828486_983277121811519_7244701979

|

« 初めての屋根雪おろし | トップページ | 講座「宇宙の時間と空間の中で私たちはどこにいるの?」が無事終了 »

コメント

こんにちは。
突然のコメント失礼致します。

本記事とは関係ないのですが
2013年4月 7日 (日)のブログでマッチの側薬に関して
書かれているのを拝見致しました。

差し出がましい質問なのですが
この側薬はどのようにして入手されたのでしょうか?
もしご記憶にございましたら、お教え頂けると幸いです。
自分も大判の側薬を探しているのですがカット済みのものしか見当たらず、、、

突然のご無礼をお許し下さい。

井上

投稿: 井上 | 2018年4月 1日 (日) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての屋根雪おろし | トップページ | 講座「宇宙の時間と空間の中で私たちはどこにいるの?」が無事終了 »