« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月23日 (火)

銀と白金の見分け方

「科学と人間生活」の授業がスタート(もう4時間目ですが)しました。だんだん今年で最後かも・・などと思うようになりますね😊。その分、気合が入ります。今日は「銀と白金の見分け方」の2時間目。前回の①「白いほうが銀」②「錆びるほうが銀」③「電気を通しやすいほうが銀」に続き、④「融点が低くガスバーナーの炎で熔けるほうが銀」⑤「水素を吹きかけると水素が爆発する方が白金」をやりました。大きくて5倍厚い箔を、マグネットシートで宙吊りに固定して実験。このサイズでやると、実験も見栄えがします。クラスの人数が去年より少なく(34人)てやりやすいし、この先が楽しみです😊

P4191082 P4191091 P4191101

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

一面の菜の花・・。

白菜、大根、からし菜、コカブ、水菜・・・入り混じって畑に咲く菜の花達です。名残惜しいけどすべて抜いて肥料を入れ、畝にしていきました。月末には夏野菜を植える予定です。畑の隅には亡母が植えてくれたウドとタラの芽が顔を出していて、昨日見つけたワラビと一緒に美味しく頂きました。暦は進んで行くけど、作物にやさしい春~夏になってくれますように。

    P4151033 P4151067 P4151047 P4151043 P4161073

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

ボリジのお花に出会えました。

白ワインでピンクになるというボリジ。なぜ色がすぐには変わらなかったのか?。気になってしかたなく、自生しているらしい能登の増穂が浦まで採取に出かけました。しかし何キロもある浜のどこにあるか?探すのは容易ではありません。近くの道の駅で聞いてみたら「この先にあるフローリィという花のミュージアムで聞けば分かるかも」と教えて下さいました。そのフローリィに出向き、入口付近の男性(館長さんであることが判明😊)に事情を説明したら、ショップの店員さんが「秘密の場所で少し栽培してます」と教えて下さり、館長さんに案内して頂けました。ついに不思議な雰囲気を持ったボリジの花に対面でき感激でした。お花も少し頂けて大感謝!!早速、帰って実験です。白ワイン、レモン汁、アルカリウォッシュに、酸アルカリで色の変わるマロウブルーと一緒に浮かべてみました。結果は、ボリジの変色はとてもゆっくり。白ワインでの変色はやっぱり1時間以上かかり、とても彼女は口説けません😊。ポッカレモンを滴下した方が酸性が強く変色は速いです。変色の様子ではボリジの色もマロウブルーと同じアントシアンかな?白ワインのpHは2.9~3.9と幅があり、酸味の強いものを選ぶといいかもしれません。マロウと同じように乾燥させて使うことも効果的かも。まだまだ実験は続きそうですが楽しい一日になりました。皆さん、ありがとうございました。

  Borizi P4140922 P4140976 P4140980 P4140997  

| | コメント (0)

コゴミ&ウド収穫できました!

雪も少なかったのに今年はまだかいな?と何回も山に出向いていたコゴミ。ようやく、ほんの少し収穫できました。逆に早々と出会えてびっくりしたのがウド。胡麻和えと天ぷらで頂きました。ウドの鮮烈な香りは身体がきれいになる気がします。野蕗、ワラビはこれからの楽しみ😊

 P4130862 P4130849 P4130865 P4130875   

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

金沢の桜

花見に行ってきました。我が家から歩き始め、犀川縁から兼六園、金沢城、金沢駅まで2時間半。普段なら近くのバス停までも送ってもらうのに、いつの間にか歩けていてびっくり。ご褒美に? 先日友人達と行ったジビエ料理のお店で一杯。白ワインで色が変わるというボリジの花が付け合わせで出てきて、思わずワインに浸してみました。確かに変わったけど1時間もかかった😢。しかしこのお花。虫にしか見えません。

P4090766 P4090791 P4090807 Photo_11  

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

サイエンスヒルズこまつで「金の不思議を探る」をやります。

新年度が始まりました。授業より先に4月7日<サイエンスヒルズこまつ>での「金の不思議を探る」講座からスタートです。今日は、皆さんに差し上げる予定の砂金の重さを人数分量ってきました。0.03gの砂金1個で金箔(1万分の1㎜)1枚分に延びます。内容は「金属の色は金と銅以外はどれも銀色」「金とニセ金を色々な方法で見分けよう」等ですが、ニセ金のインゴットや志賀島の金印、100立方cmの金属インゴットに活躍してもらいます😊。今回はすでに満席ですが、5月12日「銀の不思議」、6月2日「銅の不思議」は1カ月前から受付(かな?)ですので、そちらもお楽しみに!

P4020763 P4020759 P4020753

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »