« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月28日 (日)

安政の泣き一揆の丘ってどこ?

25,26日、お客様4人に金沢をご案内しました。 「金沢の歴史も!」 と考え「安政の泣き一揆」の丘から金沢城を眺めること等々も加えました。 卯辰山の見晴らし台からお百姓たちが「コメくれまいや~!」と叫んだんだろうと思っていたのですが、前日になってその近くの日暮が丘だとわかり、急遽下見のし直し。 両方から眺めると距離感が全然違いました。 この他にも知らない金沢にたくさん出会えました。 一番喜んでいたのは多分ワタシ😊

3_20230529094201

金沢城まで直線距離で400mくらいの違いですが、お城を眺めた距離感が随分違います。(金沢城公園のどこまでかで距離は違いますが)4_20230528214501

スマホの6倍ズームですが、400mでこんな感じに違います。右が日暮が丘からお城の眺めです。

Photo_20230528214601

日暮ヶ丘にはこういう看板がありました。安政5年(1858年)7月11日。同じ年に安政の大獄。このあたりから金沢(日本全体)は激動していてとても興味深かったです。

| | | コメント (0)

2023年5月23日 (火)

キイチゴでジャムを作ってみました。

散歩コースのキイチゴがたくさん実をつけていたので、早速摘んで楽しみにしていたジャムにしてみました。パンに付けたら、とっても美味しい😊。サクラの木もかわいいサクランボを付けていたけど、こっちは酸っぱくてダメみたい😢

4a_20230523214601

たくさんあるのですが、トゲトゲの木の上なので、採るのはけっこう大変です。

Photo_20230523214601

手かごに持ちきれなくて、ポケットでなくポリ袋に入れてお持ち帰り😊。205gありました。これに三温糖90g、レモン汁少々を加え、弱火で20分くらい煮詰めました。

Photo_20230523214602

固いパンよりふわふわ食パンの方が美味しかったです。また明日😊

Photo_20230523214701

とってもかわいいサクランボだけど、酸っぱいのです😢

| | | コメント (0)

2023年5月21日 (日)

金沢高校科学部の砂金採りに参加してきました。

今年も金沢高校科学部の砂金採りに参加してきました。OB、引率、アドバイサーのNさんも含め17名?の参加。全員しっかり見つけることができたようで、よかったです。私もやってみたら1回目で4粒ほど見つかってうれしかったです。

1_20230523215401 2a_20230523215401

スマホにレンズを付けて撮ってみました。黒く見えるのは砂鉄で、これもなかなかきれいです。スケールで大体の大きさがわかるでしょうか?

 

| | | コメント (0)

2023年5月16日 (火)

「銀と白金の不思議を探る」

一昨日のサイエンスヒルズ「銀と白金の不思議を探る」講座は銀と白金の6つの見分け方を実験で紹介した後、銀の錆び取りや銀の鏡作りを体験してもらいました。火を使うだけに注意が要りますが、なんとか皆さんにミニ銀鏡を作って頂けてよかったです。鏡のように磨いたMgを錆び取りに使うと鏡はどうなるか?も試してみました。これは見事に鏡で無くなりました。参加いただいた皆さんから予想がいっぱい出て和気あいあいの講座になりました😊。6月は「鉄の不思議を探る」。鉄の科学を学んだあと、砂鉄からアルミ粉末で鉄を取り出し、アクセサリーを作って頂く予定です。

2_20230516102801

①②小5の子もガスバーナーを使い銀板を融かします。③それをハンマーで叩いて潰します。④磨いて持ち手を付けて完成😊

Photo_20230516102901

A_20230516104401

銀の錆び取りはいつも大人気です。鏡のように磨いたMgスティックは錆び取り効果も強烈です。銀の錆びを取っている様子ですが、この撮影は講座の途中は無理で、今日改めて行いました。

1_20230516102801 右が錆び取りに使った方です。鏡のように磨いたのが、すっかりくすんでしまいました。Agの錆び取りと引き換えにMgが溶けて表面が荒くなるんでしょうね。

 

| | | コメント (0)

2023年5月15日 (月)

Mgを磨いたら鏡のようにピカピカになる?

「Mgリボンの燃焼はやったことがあるよ」という人も多いのではないでしょうか?。Mgリボンや粉末の燃焼は楽しく「銀河鉄道の夜」の中でも子供たちがマグネシアの花火で遊ぶシーンがでてきます。ついさっきですが(銀板を磨くと鏡になるけどMg板も磨いたら鏡になるのかな?)と思い立ちました。早速、銀と同じように耐水ペーパーで磨いてから研磨剤のピカールで磨いたら見事にピカピカになって嬉しかったです😊
 さて、このピカピカMgで銀のさび取りをしたら、ピカピカはどうなるでしょう?①それ以前にさび取りができない②もっとピカピカになる③ピカピカでなくなる。さてその結果は😊
1aa
Mgは錆びやすく、すぐ錆び錆びになってしまいます。まず耐水ペーパーの400番⇒800番で磨くとそれなりにピカピカになります。
1ab
次に研磨剤のピカールで磨いたら、こんなふうにピカピカになってくれました😊

| | | コメント (0)

2023年5月 8日 (月)

宮沢賢治と「元素の周期表」

この連休中に名刺サイズ周期表を「裏面に密度と融点が入ったものにする」という手直しをしました。賢治座右の書であった化学本論にも周期律と周期表が出てきます。「宮沢賢治の元素図鑑」(p23)には「生徒のひとり、浅沼政親は「宮澤先生の心使い」という文章のなかで「先生は多忙の中から、元素の表を作って、たてよこをあわせると化学物質が何であるということがわかる重宝なものを与えてくれましたが、あの表が今あったらと思い出されます」と語っています。賢治は、生徒のために元素周期律表を自らつくり、授業で使っていたようです。はたしてどんな周期表だったのでしょうか?」というエピソードが紹介されています。賢治の周期表がどんなものだったか私も気になるところです。彼にも私の「実物付き周期表」をプレゼントして周期表談義をしたかったな😊

Photo_20230508122801

右下がこれまでの裏面で、左下が新しい裏面です。小さいですが融点と密度が記載されたものにしてみました。その台紙に20枚くらい実物を貼り付けてみましたが、小さい枠の中に元素の実物を貼り付ける作業はボケ防止にもいいような😊

A_20230508122801

賢治座右の書「化学本論」(p82)に紹介されている周期表です。

Photo_20230508122802

「化学本論」には元素の周期性について色々な表が紹介されています。電子配置まで書かれているのには驚きました。解説文も興味深いです。

| | | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »