« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月29日 (金)

ビーフシチュー作ってみました。

なんというわけでもないけれどビーフシチューが食べたくなり、久々に作ってみました。美味しくできたみたい😊

2_20230929064201

| | | コメント (0)

2023年9月25日 (月)

御岳山に登ってきました。

御岳山に登ってきました。2014年の9月27日に登る予定だったのですが、急な予定が入り、登れなかったのです。そしてその日に噴火。たくさんの方が亡くなられました。今日は8合目まででしたが、山頂に向かって手を合わせ、それからの9年間に感謝しました。なにがあるかわからない日々ですが、また一日一日です。

Photo_20230925204801

もう紅葉が始まってナナカマドの赤がきれいでした。

380270281_2564661297006419_2307225498316

山麓の牧場には木曽馬たちが草を食んでいました。そのいわれが興味深かったです。木にはたくさんのヤドリギ。

5_20230925204901

人と一緒に暮らしてきた木曽馬の子孫といっしょに😊

| | | コメント (0)

2023年9月11日 (月)

「氷・火・水で宮沢賢治の科学実験」をやりました

昨日(9月10日)はサイエンスヒルズで「実験で楽しむ宮沢賢治」講座でした。プラネタリウムではできなかった火や氷を使った実験が中心です。先日、自由研究を見せてくれた吉川君が準備等々を手伝ってくれてとても助かりました。参加者は20人ほどでしたが、その分、密度が濃くなって良かったかな?。開始前に、ヒルズスタッフの松本さんから、ご自身の講座で作っておられるロボット君たちを頂けたり、終了後は、会場で貝田さんが「巻きパン」の準備をしておられたり、館内にスタッフの方々と参加される皆さんの笑顔が溢れていて嬉しくなりました。皆さん、ありがとうございました😊

1ba

白金箔で水素が燃えるところを見てもらっています。テーブルに載っているのは、ガラス玉と水晶玉、水晶の結晶と模型、氷に載せた金属玉等々です。「双子の星」「グスコーブドリの伝記」にこれらがどんなふうに描かれているか紹介していきました。賢治の表現はうつくしいです😊

1ea

吉川君が1時間前からカラスウリを人数分くりぬいてロウソクをセットしたり、コップに水を入れたり、そして後始末まで手伝ってくれて助かりました。

Photo_20230911110901

ヒルズスタッフの松本育子さんから、講座で皆さんと作っておられるロボットくんたちを頂きました。大西清美さんから以前頂いた動物くんたちに加わり、我が家の窓辺で談笑中😊

 

| | | コメント (0)

2023年9月 7日 (木)

ダイコンと白菜を播きました。

ホントに久々に雨が降りました。畑の作物たちもホッとしていることでしょう😊。晴れ間を見てキゴ山の畑にダイコンと白菜を播いてきました。畑ではまだナスやオクラ、ピーマン等が採れてとてもありがたいです。ダイコンと白菜もちゃんと育ってくれますように😊

Photo_20230911111301

Photo_20230911112001

たった4日で芽を出してたくましいです😲。

| | | コメント (0)

2023年9月 6日 (水)

銀の錆びをガスバーナーの炎で取る

銀の錆びを取る方法の一つに「ガスバーナーの炎を当てる」というものがあります。銀は酸素ではなく硫黄と結びついて錆びているのですが、空気中で錆びた銀を加熱すると、硫黄が空気中の酸素と結びついて抜かれるのです。この実験を居間で撮影していたら、見ていた妻に「どうしてガスバーナーで銀が融けないの?」と言われました。これまで紹介してきたように、薄い銀箔だとロウソクの炎でも融けてしまうのです。銀板が大きくて厚いと、バーナーの熱が銀全体に逃げてしまい、融点以上になりにくいのでしょうね。やっぱり実験面白いです😊

Photo_20230906192601 A_20230906192601

 

| | | コメント (0)

2023年9月 4日 (月)

栃の木の樹液の蛍光は乾燥した枝でもOK!

プラネタリウム講座は50セットの準備が大変でした。特に、栃の樹液の蛍光は「新鮮な枝でないとだめかな」と思い、講座当日の朝に枝を切りに行き、直前に細断していました。今朝、机の上でカラカラに乾燥している栃の枝を見つけ「こんなに乾いていても発光色素が壊れていなければ発光するかも?」と考えました。いそいで試してみたところ見事に発光。最初は色素が固まっているみたいですが、少しつつくととてもきれいに流れ出しました。これでかなり前からの準備ができることになり、小枝を小分けして持ち帰って自宅で実験して頂くこともできそうで、とてもうれしいです。

A_20230904053701

暑い暑い子供部屋で1か月ほどほおっておき、カラカラに乾燥した栃の枝を縦割りにしました。 Frame-at-0m19s

ブラックライトを当てながら、コップの水に入れました。樹液から水分だけが蒸発し、発光色素が乾燥して残ったのか、最初は光の流れが弱いですが、少しつつくと溶けたように勢いよく流れ始め、とてもきれいです。

| | | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »