2024年2月19日 (月)

馬酔木が咲きました。

「馬酔木が咲いてました」というお知らせを頂き、散歩コースの大乗寺丘陵公園を探すこと1週間。ようやく小さな花をつけているのを見つけました。賢治の『水仙月の四日』では「アンドロメダ、あぜみ(馬酔木)の花がもう咲くぞ、おまえのランプのアルコオル、しゅうしゅと噴かせ」と歌われる馬酔木です。紅白の梅や凧揚げをする親子でにぎやかな公園を歩いたら、なんだかうれしくなり、アルコホルランプの炎色反応を撮りなおしたり、すこしやる気になれた一日でした😊

1_20240219083901

3_20240219083901

4_20240219084001

Photo_20240219084101

2-frame-at-0m12s

雪が消えたら公園内はあっというまに赤白にぎやかになりました。

賢治も大好きで様々な作品に描かれる炎色反応です。左が(塩化)銅、右が(塩化)リチウム。「それから銅を灼くときは 孔雀石のやうな 明るい青い火をつくる」『学者アラムハラドの見た着物』。「ルビーよりも赤くすきとおり リチウムよりもうつくしく 酔ったやうになって その火は燃えてゐるのでした」『銀河鉄道の夜』
(ああきれいだ、まるでまっ赤かな花火のようだよ)それはリシウムの紅焔でしょう。ほんとうに光炎菩薩 太陽マジックの歌はそらにも地面にもちからいっぱい・・鳴っています」『イーハトーボ農学校の春』

 

| | | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

貝殻化石を掘ってきました。

犀川の貝殻橋に貝殻化石を探しに行ってきました。きれいな貝化石が掘れてよかったです。ここでは砂金も採れます。賢治も発掘は大好きで、生徒さん達と楽しんでいたようですが『銀河鉄道の夜』にはジョバンニとカンパネルラがはくちょう座のプリオシン海岸でクルミの化石を掘る場面が出てきます。この砂金と化石は、『砂金と化石で考える私たちの命』というお話の中で活躍してもらう予定です😊

Photo_20240128174301

今日、掘り出した貝化石です。

A_20240128174301

今日の貝化石採掘地点。ここからは砂金も出てきます。

Photo_20240128174401

砂金と砂鉄を水入りボトルに入れてあります。磁石で砂金と砂鉄を選り分けて遊べます😊

1_20240128174501
『銀河鉄道の夜』はくちょう座プリオシン海岸の発掘のシーン。賢治が発掘を楽しんだ北上川のイギリス海岸と犀川の貝殻橋付近の大桑層はよく似ています。このスライドには白山が出ています。「砂金と化石で考える私たちの命」の中で、どんなふうに白山が出てくるのかはまたそのうちに😊

 

 

| | | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている

7年前のフェイスブックに水晶のこと書いていました。小林真理子さんから「指できしきしさせながら…石英の摩擦発光も知られていたのでしょうか。」とコメントを頂き、それに対して「それって賢治は書いてないような気がする・・」と答えているところを見ると、この頃は私はまだ摩擦発光や鳴き砂のことは知らなかったんですね。その後、摩擦発光と鳴き砂は講座から欠かせなくなり、今手元には大小取り交ぜて水晶が200個以上もあります。小林さん、ありがとうございました。鳴き砂は門前琴が浜から毎年3月にお借りていました。今は浜だけでなく一帯が大変な状況の様で心配です😢
Photo_20240123172401
水晶同士をこすりあわせると発光する。
   
以下当時の引用です。
『銀河鉄道の夜』の一文に
カムパネルラは、そのきれいな砂を一つまみ、掌にひろげ、指できしきしさせながら、夢のようにいっているのでした。
「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている」
というのがあります。友人の細川さんから譲り受けた巨大水晶柱にドリルで穴を穿け、ミニLEDライトを仕込んだら、このイメージができるんじゃあ?と考えてドリルをあてたところ、ドリルが負けてしまってまったく刃が立ちません。仕方なしに、水晶の後ろに、赤、青、緑のLEDを置いてみたら、これがなかなかきれい!次の賢治講座に持って行きたくなりました。でもこの水晶柱、5kgもあるし・・。トルネードやら水晶玉、ガラス玉、砲丸の玉・・どんどん重く、大がかりになっていくし・・。この先どうなるのかなぁ。
1_20240123172601
2_20240123172501 4_20240123172501 3_20240123172501 5_20240123172501

| | | コメント (0)

2023年12月23日 (土)

雪、積もりました。

朝起きて、積もった雪にびっくり。車を掘り出すのに2時間かかりました。その間、近所ではまった車の救出が2台😊。皆さん、金沢の山沿いの裏道には車で入られませんように。暖かい蕎麦でほっと一息。午後から賢治関係の公演を観に行く予定だけど、たどり着けるかなぁ😢

1_20231223122801 2_20231223122801 3_20231223122801

| | | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

北野貴久さんの講座は楽しさと驚きが満載でした。

北野貴久さんをお招きしての科教協の学習会は皆さんの笑顔と驚きの絶えない会になりました。レポートも5本で楽しさの幅が拡がりました。北野さん、皆さん、ありがとうございました。次は3月にまたやりましょう😊。

3_20231219060401

アルコール蒸気に点火することでアルミ缶が飛び上がる実験は知っていましたが、これは反動で車が走ります。しかも紙コップ1個で蓋をした場合と2個で蓋をした場合、反作用の大きさが違うため、車の動きがまったく違ってびっくり。QRコードでその様子をご覧ください。1_20231217124901

11時にお会いしてから8時半の懇親会終了まで楽しいお話と実験がつきませんでした。

2_20231217124901

皆さんのたのしいお話が続き、あっという間の4時間になりました。

 

| | | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

科教協北陸ブロック冬の学習会をやります。

来週の土曜日になりましたが、科教協(科学教育研究協議会)北陸・冬の学習会をやります。今回の講師は兵庫の北野貴久さん。毎年『サイエンスヒルズこまつ』などで楽しい実験ショーを担当されていますが、お忙しいところを引き受けて頂けました。定員がありますので、申し込みは必要ですが、会員でなくても子供さんでも無料で参加して頂けます(レポート受付は盛況のため締め切りました)。今日は好みのトマト味焼きそば風パスタを作って食べながら、その準備をチマチマやっています😊

A_20231209173201  Photo_20231209172501

| | | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

科学ボランティア研究会で「宮沢賢治と科学実験」。

昨日は科学ボランティア研究会(於大阪教育大学)で「宮沢賢治と科学実験」でした。三重での講座から少し日にちがあったので、談山神社の紅葉等に立ち寄れました。その参道で栃餅を発見。講座では栃の木の樹液の蛍光は欠かせませんが、(この栃餅の蛍光をお見せし、皆さんの前で食べたら楽しいかな?)と考えました。講座のお世話を頂いた先生から「トチ餅の蛍光の実験の際の先生の嬉しそうなお顔が印象的でした」とのメールを頂き、うれしいやらハズカシイやら😊。顔見知りも何人かおられ、お手伝いも頂けて助かりました。この10日間は車の移動が多く、さすがに疲れましたが、皆さんのお手伝いでなんとか乗り切れました。ありがとうございました。

1a_20231204164301

三重では2時間だったのをこの日は40分に詰め込みました。それでも入れたい「金箔とニセ金箔の見分け方」「銀と白金の見分け方」です😊。A,Bはどっちがほんものの金箔でしょうか?

1b_20231204164401
講座のパワーポイントの1枚です。賢治は「銀河鉄道の夜3次稿」や「イーハトーボ農学校の春」等のたくさんの作品に太陽光がすべてのエネルギーの源で、それが植物の中にも形を変えて流れていることを描いています。
1c
談山神社と参道の栃餅です。
1d
ブラックライトを当てると蛍光を発します。それをお見せし、皆さんの前で「私の身体とエネルギーになります」とか言いながら食べました😊。皆さんにお分けできなくってゴメンナサイ。
1e
40分でも砂金と砂鉄選別ボトル、栃の木の蛍光とミルキーウェイ、水晶の摩擦発光、鳴き砂を体験して頂けました。
1f
講座では、水素スプレーにノズルがなかったり、銀箔と白金箔が見つからずあせったり・・。そのまえにボケ封じ地蔵に立ち寄り、しっかりお参りしたのになぁ😢

 

| | | コメント (1)

2023年12月 1日 (金)

三重県で「銀河鉄道の夜」講座でした。

先週から講座が重なり、今日は三重県の私学協会で「実験で楽しむ銀河鉄道の夜」講座でした。なぜか名古屋では抜け落ちてしまった白鳥座の海岸での発掘シーンをしっかり入れることができました。準備、後始末と皆さんが手伝って下さいました。ありがとうございました。長距離の移動は結構ハードですが、無事終わってホッと一息で柳生の里を散策😊3_20231201175201

「この三葉虫は3億5千万年前の化石だよ。君とどっちが長生き?」という大切なシーンが先週は抜けてしまいました。お世話頂いたムラタ先生との掛け合いで皆さんの笑顔😊

A20231

賢治が生徒たちと発掘を楽しんだ北上川のイギリス海岸と私が砂金採りをする大桑の貝殻橋はよく似た砂岩層で同じようなものが発掘できでます😊

1_20231201175401

栃の木の樹液の蛍光を体験して頂き、先週から進化したコーヒー酸のお話を入れることができました。

2_20231201175401

柳生の里。背景は家老の屋敷?

| | | コメント (0)

2023年11月27日 (月)

愛知県私学協会で「実験で楽しむ銀河鉄道の夜」講座

先日(21日)は愛知県私学協会理科部会で「実験で楽しむ銀河鉄道の夜」講座でした。若い先生方のレポートも2本拝聴。先生方が熱心に意見交換されるのにワクワクしました。乳鉢を忘れて、素焼き皿で代用したり、はくちょう座での発掘シーンのパワポを入れ忘れたり、トラブルもありましたが、なんとか楽しんで頂けたようでホッとしました。皆さん、ありがとうございました。

1_20231127093201

「銀河鉄道の夜」に入る前の、銀のさびを取る話で皆さんの笑顔が😊

2_20231127093301

(少し変わりましたが)2人に1組、お配りした体験セットです。

Qr_20231127094401

乾燥ウミホタルです。乳鉢を忘れても素焼き皿で代用できてほっとしました。発光の様子はQRコードでご覧ください。

3_20231127093601

この日仮説社から発売になった「金銀銅の不思議を探る」A5判。希望される方には、著者割でお分けしました😊。QRコードで実験を35個視聴できます。この間、皆さんと一緒に開発してきたものをたくさん入れることができ満足な仕上がり

 

| | | コメント (0)

コーヒーの蛍光でミルキーウェイがみられます。

名古屋の講座の際に「トチノキの蛍光はとってもきれいですけど、何が光っているんですか?」という質問を頂きました。「トチノキだけでなくアオダモの樹液なども蛍光します。検索すると蛍光物質の名称も出てきますので、いろいろ調べて試してみてくださいね」とお答えしました。自分でも物質名を確認したところ<コーヒー酸(3,4-ジヒドロキシケイ皮酸)>で、コーヒーに含まれるとのことです。別のサイトに<アオダモの樹液でお絵描きをしてあぶりだしみたいに楽しめる>ことも出ていました。今朝コーヒーを飲みながら(それならコーヒーでも蛍光お絵描きができるかも?)と思いたち、コーヒーで絵を描いてブラックライトを当ててみたら、きれいに光って嬉しくなりました。さらに(コーヒーをたれビンから滴下してブラックライトを当てたら、蛍光ミルキーウェイがみれるかも?)と思い、試してみたら、これはとってもきれいです。講座に活かせないかな?キッチンサイエンス、楽しいです😊

1_20231127095401

左がコーヒーでお絵描きしてブラックライトをあてたもの。右がトチノキを水につけてお絵描きし、ブラックライトをあてたもの。どちらもあぶりだしのように蛍光しています😊

 

Qr_20231127100001

コップに水を入れたところにコーヒーを垂らし、ブラックライトを当て蛍光を見ています。その様子はQRコードでご覧ください。これまでのミルキーウェイは下からLEDの光を当てたときのチンダル光をみていたので、光の性質が違いますが、その違いが面白いです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧