2017年5月29日 (月)

石川県民大学での講座

朝ぼーっと新聞を眺めていたら<金の街・金沢で金と銀の不思議を探る>の文字が目に入りました。(あれっ??)と思って読んでみると「石川県民大学校」の紹介でした。名前はありませんが、これ、私が担当させて頂きます。6月12日(月)13:30から本多の森庁舎2階生涯学習センター(無料)。2時間講座ですので、いろいろなことをお伝え出来るかな?もうひとつですが、6月4日(日)「サイエンスヒルズこまつ」で<石の街・こまつで金属の不思議を探る。第2回鉄とチタン>をやります。「砂鉄から鉄を取りだしてミニナイフを作る・チタンを電解着色してニセ金を作る」などをやり、作品は持ち帰れます。13:10~14:40で参加費500円。こちらはサイエンスヒルズに事前申込み制です。どちらも興味のある方はぜひお越しください。なお、ブログの更新に日にちが経ってしまいました。フェイスブックの方はほぼ毎日、更新しております。ぜひご覧ください。
Photo


| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

ニセ金の指輪

ニセ金を見分ける方法の一つは、密度を測ることです。持った時、ずっしりと重く感じる金の密度は19.3g/cm3。ところが金と同じ密度で、値段がずっと安いタングステンに金メッキされたら見分けられません。そんな指輪を持っていたのですが、どこかで紛失していました(笑)。もう一個どうしても欲しくなりネット注文していていたのが、今ほど中国から届きました。2千円ほどです。さて、一応、密度を測ってみました。まず重さは17.7g。体積は水に入れた時に増える重さで分かり1.3cm3。重さを体積で割ったのが密度です。すると密度は13.6g/cm3。これはタングステンでもありません。実は前に持っていたのも純タングステンでなくニッケルとの合金で、表面もチタン着色で金色にしたものでした。多分これも同じですねー(笑)。まぁ、それでいいのです。表面に掘られているのは般若心経とのことですが、それも眉唾かな?どちらにせよ、またしばらくこれで遊べそうでうれしいのです。

P4290101P4290102P4290108







| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

夏野菜を植えました

今日は朝から一日中、畑。ナス、キュウリ、トマト、カボチャ、スイカ、プリンスメロン、ピーマンなどの夏野菜を植えていきました。その畝に何を植えてあるかが分かる木製の立て札も付けました(友人の木工師、西尾さんに創って頂きました.西尾さんアリガトー!)。これでいちいち妻に聞いてうるさがられることが無くなった(笑)。風よけのあんどんも付けたし頑張ったなぁ。ちなみに今日のお昼は中学高校の同級生「すみげん」のそばセット。大盛りでも値段が変わらない。今月2回目。食べるたびに感激しています。

P4280088P4280082P4280075





| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

金ニセ金銀白金判別カード

水曜日は遠足で授業が無い予定だったのが、前後10日でそこだけ雨。急きょ授業をすることにになりました。まぁ、金・ニセ金・銀・白金判別カードを作る時間ができて良かったです。4種類の片面コート箔を好きな形に切り、裏面に糊をつけてラミネートするのですが、皆さんとてもステキなのを作ってくれて楽しい時間になりました。

P4260071P4260064P4260068P4260070






| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

ヒルガオの根っこ

3年前から一生懸命抜いているはずなのに、油断すると大繁殖して困るのがヒルガオです。お花はかわいいのに、写真のように根が深く、丁寧に根こそぎ抜いて、根絶やしにしないとダメなのです。しかし、人間と雑草との戦いの根深さを思わせるような言葉がたくさんありますねー。うれしくないお花もありますが、畑にはイチゴやエンドウといったうれしいお花も顔を見せはじめています。こちらはたくさん実をつけてくれますように(祈)。

P4240049P4240050P4240057P4240056










| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

我が家のタマネギ

昨日、一昨日と小松の畑で草取りの日々でした。妻に言われて気づいたけど我が家のタマネギは、お隣の畑のに比べて明らかに小さい・・。(これは有機栽培のせいなのか?対策として化学肥料をやったらいいのか?などとと考えてしまうのはなぜ?学力テストであるまいし・・。比べないで、小さくても無農薬、有機栽培でガンバリマスからね。1日5時間も草取りしていると授業の方がずっとラクって思ってしまいます(笑)。タマネギって自然農法でやれないのかなぁ・・。

P4220584P4220586


| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

輪島でお花見。3回忌

我が家のお米を作って頂いていた松本正一さんの3回忌を<松本さん達が植えた桜並木の下でやろう!>という企画に輪島まで出かけてきました。私は今回は運転手でお酒抜きでしたが、満開の中、旬の食材とお酒で埋まったテーブルを囲んで話に華が咲き、あっという間の4時間でした。しかし世の中には素敵なことをされている方がたくさん居られますね-!亡くなってからも集いの中心にいる松本さんに感謝の宴でした。

P4230618P4230615P4230608





| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

銀を加熱して融かすと?

銀の液体を見たいというリクエストを頂き、早速やってみました。暇人ですね(笑)。融点は金,銀、銅の中では一番低いので見やすいハズです。木炭の上に銀の棒を置き、ハンディバーナーで加熱しました。すると、あっという間に融解し、クルクルと揺らめく丸い液体になって輝きました。とてもきれいで見とれます。熔けて球になっていく様子は面白いです。フェイスブックのほうに動画をアップしましたので、そちらをごらんください。

P4150431P4150435P4150437





| | コメント (0)

砂金を加熱して融かすと?!

5月7日の<サイエンスヒルズこまつ>での講座「金・銀・銅の不思議を探る!」にむけて砂金の実験の改良に取り組んでいます。砂金をピンセットではさんでガスバーナーで加熱してみました。すると真っ赤に輝いて熔け(金の融点1064℃、ガスバーナーの炎1300℃)銀色の球になって驚きました。これまでは何かの上に置いて加熱していたのですが、熱がそこに逃げる為、球にはならなかったのです。磁器のカップの上で加熱したら器がはじけて割れ、危険でした。最後の動画がそれですが、注意が必要です(動画はフェイスブックの方にアップしました)。砂金が球状になってくれてよかったことがあります。時々「砂金を叩いて金箔に出来ませんか?」と言われるのですが、薄っぺらい砂金からでは難しかったのです。それが、球を叩くことで展がっていることがわかりやすくなりました。砂金が加熱で銀色に変化することもはっきりしました。銀色に延びた砂金を銀硫化液に浸けると黒く錆び、マグネシウムスティックに載せて食塩水に入れると銀色に戻ります。銀箔のサビ取りの応用です。この実験も見やすくなったのですが硫化→還元がイマイチ安定しません。銀の割合が少ない為かな?また、加熱で銀色になった砂金を(金と銀の分離試薬といわれる)硝酸に浸けて銀を溶かし、金色にしようとしてみたのですが、こちらもはっきりしません。なぜかなぁ?それでも一連の実験の改良が進み、ワクワクしています。

P4150379P4150385P4150392P4150398P4140315P4140318














| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

サイエンスヒルズこまつのミュージアムショップ

東急ハンズにはいまのところ置いてありませんが(笑)、サイエンスヒルズこまつのミュージアムショップには<金沢・金の科学館>のグッズや本がいくつか並んでいます。「金沢のルーツ・砂金を探せ!」「実験で楽しむ宮沢賢治・サイエンスファンタジーの世界」「砂金ボトル」も購入できます。納品したばかりの「元素の実物付き周期表」が人気とかで、とてもうれしいです。ショップは入場無料なので興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。

Imgp3653Imgp3651Imgp3657





| | コメント (0)

より以前の記事一覧